スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

gremz1本目

gremz1

スポンサーサイト
別窓 | 和菓子 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

草もち(蓬餅)手作りなので無添加です

   kusamoti

エイリアンでは、ありません(爆)

草餅(よもぎ餅)です。

個人的には、デトックス効果もあると思ってます。


開始する前に、

餡を炊いて、容器に入れて冷ましておいて下さいね。

  ①水洗いした蓬を、炭酸を加えた水で茹でて、
    ザルにあげて、半日、冷蔵庫でねかす。

   kusamoti5


  ②もち米を、1晩、水に浸す。

  ③米粉に砂糖大さじ1・熱湯650ccを加え、撹拌する。

  ④餅つき機で、もち米を10分蒸す。

  ⑤餅つき機から、蒸したもち米を取り出す。

  ⑥餅つき機に、③を入れ20分蒸す。

  ⑦餅つき機の中へ⑤のもち米も加え20分蒸す。

  ⑧餅つき機の中へ①を入れ10分蒸してから餅つき開始。
 
   kusamoti1

  ⑨上の画像の様になったら完成です。

  ⑩ちぎったよもぎ餅を伸ばし、中央に餡を載せる。

   kusamoti1

  ⑪包む。

   kusamoti2

  ⑫ひっくり返す。

   kusamoti3

        米粉800g
        砂糖大さじ1
         
        もち米2合
        茹でヨモギ 丼ぶり1杯分

      粒あん
        小豆800g
        砂糖
別窓 | 和菓子 | トラックバック:0
∧top | under∨

一流シェフが手ほどきする人気のケーキ

ke-ki

世界文化社刊


焼き菓子は、これ1冊で。

和菓子は載ってませんが、

使用した絞り袋の口金の、号数まで書かれている本は、

なかなかないでしょう。


シュークリームも、3人のシェフが、それぞれのお店の味を、

カスタード:生クリーム=3:1から、1:1の割合別に、

クリームの質感の写真で解説。

スポンジも、ジェノワーズ・ビスキュイの生地の違いも解説。


正直、家でそこまで・・・という感じは、ありますが、

道具にも、こってるので、

何かの疑問に対するヒントにはなります。

こういう本は、書店で内容を確認してから決められると、

本当は、うれしいのですが・・・

お店でもよく見かけるので、

いきなり注文なさるよりも、

書店で、実物を捜されては・・・。


写真が豊富なので、お値段高めなのですが、

最初にこれ1冊あれば、

後々、入手の必要なくなる気配が・・・。


別窓 | 和菓子 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

奈落と金色の虹

naraku6086

園田千萬男著
東京図書出版会刊

   1.まえがき
   2.洞庭湖の落日
   3.敗戦と赤痢
   4.奈落
   5.金色の虹
   6.湖のひくとき
   7.揚子江を下る
   8.独歩患者
   9.秋風
   10.平等
   11.桜島は平然
   12.あとがき

敗戦後の中国で、園田軍曹が体験した
野戦病院(武昌・上海)を舞台にしたフィクションです。

昭和20年8月5日から、復員までを描いた戦記小説です。

平成17年、執筆。


昭和20年8月5日、第30・31連隊の自動車隊は
中国軍の襲撃により、連隊長以下、全員戦死・・・。

17台炎上・・・荷物も奪われてしまう・・・。

車の故障により、死角に停車したため
無事だった園田軍曹。

マラリヤのため休養した、洞庭湖畔で終戦を知る。

3日後、高熱は残るものの、
マラリヤの症状の治まった園田軍曹は、
新たな体調の異変に気づく・・・。

当時、中国全土で流行した
アメーバ赤痢に感染していた。

身の危険を感じ、安全のために入院した、
武昌の野戦病院で、園田軍曹を、
死の渕から生還させた、「金色の虹」とは・・・。


著者の自伝的小説ですが、
フィクションであることを強調されていますので、
どこまでが事実かは、わかりません。

入院せずに、部隊に残ったアメーバ赤痢の患者が
完治して、復員している所からも、
悲惨な野戦病院の状況が、想像できます。

薬がない上に、1日にコップ1杯のおもゆでは、
衰弱する一方です。

園田軍曹は、司令部が火災になった時に、
燃え残った軍票を(全部焼失したと報告済み)
友人から、自分がもっているとまずいからと、
押し付けられます。

園田は、友人から譲り受けたこの軍票(数万円)を、
婦長らに渡すことで、内密に注射をしてもらいます。

深夜に、内緒でおにぎりの差し入れも・・・。

園田軍曹が入院していなければ、元憲兵だった南は
アメリカ軍に連行後、中国軍に引き渡されて
処刑されていた訳ですから・・・。

園田軍曹が入院した事によって、
一命をとりとめた、南・・・。

逆に、園田軍曹にもらった4個の栗饅頭を
一気に食べたために、命を落とした人も・・・。

復員船の甲板で内地を見て、
合掌する南の姿は、涙を誘います。
別窓 | 和菓子 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

睡蓮 「天草種元」の天草の乱より

suirenn6095

松本さと子著
碧天舎刊



   1.源嵩寺
   2.天草
   3.隈本
   4.愛染堂
   5.上弦の月
   6.睡蓮
   あとがき

フィクションです。

落城寸前に、家老 吉原佐久丈と共に、
抜け穴から城外へのがれた、姫の
はかない恋の物語です。

「あとがき」に秘密が、隠されています。

このあとがきを読むと、この物語全体に漂う
まるでその場に居たかのような臨場感も、
納得がいく事でしょう。

著者は、名古屋市在住のお医者様です。

久留米大学放射線科を経て
現在も内科医としてお勤めです。

戦国武将「天草種元」の姫君を主人公に、
天草の乱」後の時代を舞台に描かれております。

97ページと、短いですが、大満足の一冊でした。

臨場感があり、まるで、見てきた様に
描かれております。

誰でも、納得できる無理のない展開です。

加藤清正など、耳馴染みの良い
戦国武将が出て来て、親しみ易い内容ですよ。





<story>

肥後国天草郡下島本渡城主 天草種元の長女は、
「勇気のある子に育って欲しい」と言う、
父 種元の願いで「ゆうき」と名付けら大切に育てられる。

天草の乱が勃発し、
城は敵勢に包囲されてしまう。

もはやこれまで・・・
城に火を放ち、自害しようという時、
奥方と長男は、ともに逝くが、
天草種元は、せめて「ゆうき」にだけは、
生きて欲しいと懇願する。

種元の相談役だった、吉原佐久丈に連れられ
城の抜け穴から、森へと逃れた時、
城は、すでに炎上していた・・・。

森の中で、佐久丈は追手に捕らえられてしまう。

吉原佐久丈は、今わの際に、敵将 久須田荘助に
姫の命乞いをして自害して果てる。

ゆうきに惹かれた久須田荘助は、無意識に
逃すまいと、ゆうきの足を射抜く。

うすれゆく意識の中で、ゆうきもまた、
久須田に惹かれてゆくのだった。

だが、久須田には10年連れ添った妻「お幸」がいた・・・。
子宝にこそ、恵まれなかったものの
非の打ち所のない、「お幸」を
目の前にしたゆうきは、苦悩する。

やがて、久須田家の養女となり、
うわべは、何不自由なく暮らすゆうきに、
久須田の上司の息子との縁談が持ち上がってしまう・・・。

いかに、望まないとはいえ、
朝鮮出兵に伴って、各武将の配置が、
決定する中で、久須田荘助を生還させる為には、
不可欠な縁組であった・・・。

返事を渋るゆうきに、
お幸は、承諾するよう詰め寄る・・・。

それは、荘助の、知らないお幸の一面であった。

縁組の甲斐あって、久須田荘助は、
無事に帰還するが、
ゆうきは、男児を出産後、間もなく逝ってしまっていた・・・。

ゆうきの死後、源嵩寺の愛染堂で庵主様から
ゆうきの直筆の手紙を受け取った久須田荘助は、
初めて、お幸とゆうきの確執を知り
愕然とし号泣する・・・。





天草種元は、多分・・・
キリシタンの城主だったと思いますが、
その事に関しては、ふれられておりません。

褒美の禄を返上してまで、
「ゆうきを、自分の養女に迎えたい」と願い出て
ゆうきの助命を嘆願した、久須田には感動しました。

吉原佐久丈の命がけの願いもあり、
殿に「養女」と申し出た手前
ふたりで暮らす事ができず、
人道家で律儀で温厚な久須田は、相当苦しみます。

近頃、長男が一家惨殺、家に放火・・・
という事件を耳にすると、どうしても
無残で哀しい落城を、想い出してしまいます。

別窓 | 和菓子 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ホームレス中学生

ho-muresutyuugakusei6089

田村裕著
ワニブックス刊



   衝撃の解散劇
   公園生活がスタート
   空腹の果てに
   ウンコのオバケと呼ばれて
   野良犬とのガチンコ勝負
   Tシャツとの悲しい別れ
   掛けられなかった電話
   人生を変える奇跡的な出会い
   兄姉それぞれの苦労
   あっけない再会
   体が拒んだ養子縁組
   兄弟が再び集合
   幸せに満ちていた母との生活
   突然の母の病
   あの日
   立て続けに押し寄せる父の不幸
   平穏で甘酸っぱい高校生活
   なりそびれたヒーロー
   恩人の死・そして実感する母の死
   生きることへの興味喪失
   恩師の手紙
   兄の心弟知らず
   バブル時代の終焉~
   ~1日300円生活へ~
   奇跡の発見
   二ヶ月に一度の贅沢
   失われた宝島
   のせられて生徒会長
   二泊三日の家出道中
   気になる父の行方
   10キロ女の正体
   NSCに入学
   相方・川島との出会い
   母に今伝えたいこと
   おわりに

『僕は、お湯に感動できる
幸せのハードルの低い人生を愛しています』
               ホームレス中学生より






中2の夏休みが始まる前日、帰宅すると
マンションの階段に、
見覚えのある家具が並べられていました。

帰宅した父の口から出た言葉は
「解散」・・・。

兄姉に負担をかけまいと、
「友人宅へ行く」と、健気な嘘をついて
一緒に来いと言う兄姉を振り切って
単独行動に出た田村少年・・・。

以前、住んでいた家の近くにある公園へと向かう。

地元では「まきふん公園」と呼ばれた公園で
友人宅に救出されるまで、夏休みの数週間をおくる。







・・・と、ここまでは麒麟のファンの皆様は
もうすでに、ご存知の事ですね。

ここから始まる田村兄弟の新生活、
田村少年のハイスクールライフは必笑です。

田村少年の不幸を、笑っては申し訳ありませんが・・・

さすが・・・麒麟。

短いエピソードの中に、オチが所々にあって、
笑わずに読むのは困難でしょう。
  
クラスメートには、話せない秘密を抱えながら
青春を過ごした田村少年。

父子の再会のシーンをテレビで見ましたが

「よう似とる奴、おるなと思っとったんや」
というお父さんの言葉が印象的でした。

何も悪い事は、していないのに
クラスメートに説明しづらい
何らかの状況を抱えている少年は
意外に、多いのではないでしょうか・・・。

この本は、やるせない心情を
小気味良いくらい、実に正直に吐露していて
すがすがしい共感を呼びました。


別窓 | 和菓子 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

光太夫帰国 遠きロシアより

koudayuukikoku

岸宏子著
中日新聞社刊

伊勢若松の船頭大黒屋光太夫と磯吉の、
帰国後の苦悩と、
光太夫が78歳で没するまでの記録。

キリル・ラックスマンの援助により
寛政4年秋に、根室へ
エカテリーナⅡ世号で帰国を果たすが・・・。

入り婿であった光太夫の妻は、
すでに・・・再婚していた。

天明2年12月9日17人を乗せた神昌丸は
白子から、紀州藩の米500石
木綿・薬・雑貨・酒を積み込んで
江戸へ向かう途中、遠州灘の嵐で遭難し
7ヶ月の漂流の後、アムチトカ島に漂着。

嵐は記録的なもので、このときの遠州灘は
数十隻の船が消息を絶っております。

神昌丸の帆柱を切り倒す事で、
からくも、転覆を免れました。

アムチトカ島に、漂着した翌日
神昌丸はバラバラになって、崩れ落ちたと言う・・・。

流木を集めて船を作り、ロシア人も同乗させ
半島へ渡り、連絡船でロシア本土へ。

光太夫が一番頼りにしていた庄蔵は、
ヤクーツクからイルクーツクへ、
二ヶ月間の犬ぞりでの移動の途中で
犬ぞりから転落し、
重度の凍傷にかかってしまった片足を・・・。

その後、キリスト教に改宗したために、庄蔵は
帰国できなかった。

新蔵は、帰国直前にロシア人女性と恋愛結婚し、
キリスト教に改宗し、入り婿となった。

磯吉は、生涯独身だったが、
光太夫(46)は薬草園で、おまき(20)と
再婚し、息子も誕生する。

後の、大黒屋梅陰(学者)である。

寛政10年12月に磯吉が、
その4年後に光太夫が
伊勢若松に一時帰郷を果たす。

光太夫の母も、磯吉の母も
元気で再会を喜び合うが・・・。

小市の妻は、生還した、ふたりに対して・・・。





帰国後の根室で壊血病にかかって世を去った
小市の妻との再会や、
新昌丸の船主、亀山の彦兵衛への
賠償問題など現実的な問題も描かれています。

幕府は、鎖国を破った罪人として
ふたりを終生、薬草園に幽閉する一方で
生活費を支給したり、妻帯するように勧めたり
光太夫の甥に里帰りの世話料として
米2俵を渡したりもしておりますが・・・。

とうとう最後まで、蝦夷奉行の補佐に
ロシア語の堪能な光太夫を
起用する事はありませんでした。

このあたりが、抜け目なく、根室周辺の測量をして
帰国したラックスマンと対照的ですね。

科学アカデミーの会員だったキリル・ラックスマンは、
日本の書物の翻訳や日本の海岸線の形状等を
すでに、光太夫から聞き出しております。

アムチトカ島で、野菜不足による壊血病から、
一行のほとんどが倒れてしまい・・・残念です。

この本は、絶版でしたが
ブックオフの100yenコーナーで入手いたしました。
別窓 | 和菓子 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

秘密の道をぬけて

himitunomiti6089

ロニー・ショッター著
千葉茂樹訳
あすなろ書房刊

深夜、到着した荷馬車には
黒人の一家が乗り込んでいました。

廊下の奥にある「開かずのタンス」の中に
一家(乳児を含む)かくまいましたが・・・。

泥だらけの荷馬車が、見つかってしまい、
チャーリー・ミーカー巡査と
巡査補佐のひとことジェークが、やって来て・・・。

偶然、目を覚ましたアマンダは
大人達の「秘密」を知ってしまう・・・。

一体、その「秘密」とは・・・。





南北戦争が始まる前の物語です。

アマンダの父親は「地下鉄道」の「駅長」でした。

黒人奴隷を、カナダへ逃亡させる
地下組織のメンバーだったのです。

「北部へ逃げれば自由になれる」はずでしたが・・・。

法律が変わり、国境を越えてカナダに入らなければ
捕らえられてしまいます。

かくまった者にも、厳罰が待っています。

主人公(子供)の目で見て語られていますので、
暗さのない作品になっています。

どちらかといえば、ハートウォーミングなお話です。
別窓 | 和菓子 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

≪野外料理のベーシック・テクニック≫

yagairyouri60-87

織田 大策著
地球丸刊



著者は、フリーランスライター。
池袋のアウトドアショップで、アルバイトを経験後
ライターに。

アウトドア用品を購入する前に、読みたい本。

炭を使わずに、肉が焼ける、ポータブルタイプの
バーベキューコンロなど、素人の私には、
トリビアな物ばかり。

バーベキューコンロに、ラバロック=溶岩
を、しきつめてバーナーで加熱する方法で
ラバロックは、何回も使えるらしい。

読むだけで、キャンプしてるような
気分が味わえます。

紹介された商品は、全部、実際に著者が
愛用している物ばかり。

写真も著者が愛用した実物で、磨耗したり
しています。

以前から、防災用の軍手は非難袋に
入れてありますが、本書によると、
軍手よりも、溶接作業用の皮手袋が
便利なのだそうです。

DIYショップで700yenで、入手でき、
バックスキンで着脱が容易な物が使い易いとか。

縫い目が外側になった物は、重いものを
持つ時、手が痛くないそうです。

焚き火で、串刺しにした魚を焼く時の
火加減は、焚き火に手の甲をかざして、
我慢できない熱さのところから、10㎝
火に近づけて焼くそうです。

もちろん、風上で。

美味しいバーベキューのタレは2種類、
記載されていましたが・・・。

やっぱり、保険の意味で、市販の焼肉のタレも
用意しておくのがベストらしいです(笑)

他にも、「ニジマスのフキの葉包み焼き」など。

お腹が空いてしまう程、楽しいレシピがたくさん。
別窓 | 和菓子 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

パズルパレス 下

ノ-ス・ダコタと、エンセイ・タンカドは、同一人物でした。

元傭兵を雇いタンカドを暗殺したのは、△でした ( ̄_ ̄メ)

△専用のエレベ-タ-の暗証番号は、
本人しか知らない 極秘でした。
主任であり、父娘同然だった、
ス-ザンにさえ、教えられなかった・・・・・
そう・・・・暗証番号は・・・・・『 ス-ザン 』∑( ̄□ ̄|||)

△は、恋するス-ザンのために、
デイヴィッド・ベッカ-に暗殺者を差し向けます

ベッカ-は、難を逃れましたが・・・・・
真相を知ったグレッグ・ヘイルは、
真犯人の手よって、帰らぬ人となりました( T _ T )

結局、ベッカ-が命がけで手に入れた、『 指輪 』 は、
パス・キ-では、ありませんでした。

タンカドのダイイングメッセ-ジは、指輪ではなく、
体内被爆者だったタンカド自身の『 指 』 ・・・

ラストは、トランスレ-タ-の暴走によって、
クリプトは炎上し、ベッカ-暗殺計画をス-ザン に知られ、
失望した△はノ-ド3と運命を共にします。

さながら映画のようなスト-リ-ですが、
上下、どちらか一冊だけ読むとしたら、下巻でしょうね。

別窓 | 和菓子 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

≪美人粥≫

bizinngayu75-75

小林カツ代著
文化出版局 

もう、1月です。

1月といえば、大変、お寒うございます。
あったかヘルシー「お粥」など、いかがでしょうか。

『お粥は、作る人も
      食べる人も美人にします』(本文より)

・・・お粥もさながら、、小鉢が素敵。

レストラン「KATSUYO GREENS」の
スープ粥の本でした。

著者は、エッセイストでもあります。

「鯛のさしみのスープ粥」
taigayu120-90

   


「ピータン粥」
pi-tanngayu120-90

   


「気分は七草粥」
nanakusagayu120-90

   


「あずき粥」
azukigayu120-90

グラニュー糖をまぶして、溶けないうちに
シャリシャリ感を楽しみます。

   


「あわび粥」ん?
awabigayu120-90
  
   

・・・・・。
『たまには、ねっ』と言われましても、小林先生。
「あわび粥」は、庶民の私には・・・。

むきイカで代用します(笑)

食感は、1㎝厚さの縦切りエリンギで(笑)

素材が豊富なので、冷蔵庫の残り物
でも、できそうなのがうれしい。

蕎麦の実があるので、炒って、蕎麦茶粥を
作ろうかな。

五穀米の残りで、五穀粥にしようかな。
別窓 | 和菓子 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。