FC2ブログ

晴れのち猫

Category和菓子 1/1

gremz1本目

...

  •  0
  •  0

草もち(蓬餅)手作りなので無添加です

   エイリアンでは、ありません(爆)草餅(よもぎ餅)です。個人的には、デトックス効果もあると思ってます。開始する前に、餡を炊いて、容器に入れて冷ましておいて下さいね。  ①水洗いした蓬を、炭酸を加えた水で茹でて、    ザルにあげて、半日、冷蔵庫でねかす。     ②もち米を、1晩、水に浸す。  ③米粉に砂糖大さじ1・熱湯650ccを加え、撹拌する。  ④餅つき機で、もち米を10分蒸す。  ⑤餅つき機から、...

  •  -
  •  0

一流シェフが手ほどきする人気のケーキ

世界文化社刊焼き菓子は、これ1冊で。和菓子は載ってませんが、使用した絞り袋の口金の、号数まで書かれている本は、なかなかないでしょう。シュークリームも、3人のシェフが、それぞれのお店の味を、カスタード:生クリーム=3:1から、1:1の割合別に、クリームの質感の写真で解説。スポンジも、ジェノワーズ・ビスキュイの生地の違いも解説。正直、家でそこまで・・・という感じは、ありますが、道具にも、こってるので、何か...

  •  0
  •  0

宿恋 ~銀の森の鬼~ ①

白井幸子作秋田書店刊銀の森の鬼宿恋 ~銀の森の鬼~ 第1章宿恋 ~銀の森の鬼~ 第2章宿恋 ~銀の森の鬼~ 第3章峠の女盗賊・山吹の許婚 捨左は、仲間を裏切って、財宝を持ち脱げした上、盗賊の隠れ家を役人に通報し、仲間は散りぢりに・・・。瀕死の重傷を負った山吹は、結界に守られた銀の森に迷い込む。その時、笛の音が響き、人の気配が・・・。気配の主は、自らの屋敷に連れ帰り手当てを施す。目を覚ました山吹の前...

  •  1
  •  0

当世白浪気質 ~東京アプレゲール~ 杉山小弥花

杉山小弥花 作秋田書店 刊「ミステリーボニータ」に連載された漫画   第1話 三番目の選択   第2話 お嬢さんお手をどうぞ   第3話 焼け跡のプロメィテウス   第4話 美しき呪い   第5話 放蕩息子の帰還   第6話 楽園の条件   第7話 すべて世はこともなしアプレゲール=戦後派昭和23年。終戦後、間もなく闇市の残る帝都 東京を舞台に、腕利きの美術品泥棒 吉田虎之助が活躍する。秩父の元華族...

  •  0
  •  0

奈落と金色の虹

園田千萬男著東京図書出版会刊   1.まえがき   2.洞庭湖の落日   3.敗戦と赤痢   4.奈落   5.金色の虹   6.湖のひくとき   7.揚子江を下る   8.独歩患者   9.秋風   10.平等   11.桜島は平然   12.あとがき敗戦後の中国で、園田軍曹が体験した野戦病院(武昌・上海)を舞台にしたフィクションです。昭和20年8月5日から、復員までを描いた戦記小説です。平成17年、執筆。昭和2...

  •  0
  •  0

睡蓮 「天草種元」の天草の乱より

松本さと子著碧天舎刊   1.源嵩寺   2.天草   3.隈本   4.愛染堂   5.上弦の月   6.睡蓮   あとがきフィクションです。落城寸前に、家老 吉原佐久丈と共に、抜け穴から城外へのがれた、姫のはかない恋の物語です。「あとがき」に秘密が、隠されています。このあとがきを読むと、この物語全体に漂うまるでその場に居たかのような臨場感も、納得がいく事でしょう。著者は、名古屋市在住のお医者様です。...

  •  0
  •  0

ホームレス中学生

田村裕著ワニブックス刊   衝撃の解散劇   公園生活がスタート   空腹の果てに   ウンコのオバケと呼ばれて   野良犬とのガチンコ勝負   Tシャツとの悲しい別れ   掛けられなかった電話   人生を変える奇跡的な出会い   兄姉それぞれの苦労   あっけない再会   体が拒んだ養子縁組   兄弟が再び集合   幸せに満ちていた母との生活   突然の母の病   あの日   立て続けに押し寄せ...

  •  0
  •  0

光太夫帰国 遠きロシアより

岸宏子著中日新聞社刊伊勢若松の船頭大黒屋光太夫と磯吉の、帰国後の苦悩と、光太夫が78歳で没するまでの記録。キリル・ラックスマンの援助により寛政4年秋に、根室へエカテリーナⅡ世号で帰国を果たすが・・・。入り婿であった光太夫の妻は、すでに・・・再婚していた。天明2年12月9日17人を乗せた神昌丸は白子から、紀州藩の米500石木綿・薬・雑貨・酒を積み込んで江戸へ向かう途中、遠州灘の嵐で遭難し7ヶ月の漂流...

  •  0
  •  0

秘密の道をぬけて

ロニー・ショッター著千葉茂樹訳あすなろ書房刊深夜、到着した荷馬車には黒人の一家が乗り込んでいました。廊下の奥にある「開かずのタンス」の中に一家(乳児を含む)かくまいましたが・・・。泥だらけの荷馬車が、見つかってしまい、チャーリー・ミーカー巡査と巡査補佐のひとことジェークが、やって来て・・・。偶然、目を覚ましたアマンダは大人達の「秘密」を知ってしまう・・・。一体、その「秘密」とは・・・。南北戦争が始...

  •  0
  •  0

≪野外料理のベーシック・テクニック≫

織田 大策著地球丸刊著者は、フリーランスライター。池袋のアウトドアショップで、アルバイトを経験後ライターに。アウトドア用品を購入する前に、読みたい本。炭を使わずに、肉が焼ける、ポータブルタイプのバーベキューコンロなど、素人の私には、トリビアな物ばかり。バーベキューコンロに、ラバロック=溶岩を、しきつめてバーナーで加熱する方法でラバロックは、何回も使えるらしい。読むだけで、キャンプしてるような気分が...

  •  0
  •  0

パズルパレス 下

No image

ノ-ス・ダコタと、エンセイ・タンカドは、同一人物でした。 元傭兵を雇いタンカドを暗殺したのは、△でした ( ̄_ ̄メ) △専用のエレベ-タ-の暗証番号は、本人しか知らない 極秘でした。主任であり、父娘同然だった、 ス-ザンにさえ、教えられなかった・・・・・ そう・・・・暗証番号は・・・・・『 ス-ザン 』∑( ̄□ ̄|||) △は、恋するス-ザンのために、デイヴィッド・ベッカ-に...

  •  0
  •  0

≪美人粥≫

小林カツ代著文化出版局 もう、1月です。1月といえば、大変、お寒うございます。あったかヘルシー「お粥」など、いかがでしょうか。『お粥は、作る人も      食べる人も美人にします』(本文より)・・・お粥もさながら、、小鉢が素敵。レストラン「KATSUYO GREENS」のスープ粥の本でした。著者は、エッセイストでもあります。「鯛のさしみのスープ粥」   「ピータン粥」   「気分は七草粥」   「...

  •  0
  •  0