FC2ブログ

晴れのち猫

Category酒井 駒子 1/1

ロンパーちゃんとふうせん 酒井駒子

酒井駒子著白泉社刊街で風船をもらったロンパーちゃん。大事におうちに連れて行きます。お母さんがひもにスプーンをつけてくれたおかげで、浮いているのに飛んでいかない!大喜びのロンパーちゃんはスプーンに縛った風船を連れて、お外に遊びに出かけますが、そこへ風が吹いて・・・風船が高い木にひっかかってしまいました。お母さんが、日暮までがんばってくれましたがどうしても取れません。大切な風船をおもい泣くロンパーちゃ...

  •  -
  •  0

くまとやまねこ 酒井駒子

酒井駒子河出書房刊親友でルームメイトの「小鳥」が、逝ってしまってからというもの、くまは、哀しみにしずんでおりました。冷たくなってしまった小鳥の体を小箱におさめ・・・美しい花で飾り立てました。毎日、小鳥が生きていた頃と少しも変わらず、小鳥に話しかけるのです。やがて、くまは、小鳥の入った小箱を手に、外出するようになりましたが・・・みんな、くまの話を聞いては、くれるのですが・・・くまの気持ちに共感してく...

  •  0
  •  0

ゆきがやんだら

酒井駒子著雪は、夜中からしんしんと、降りつもりました。えんバスが雪で動けないから、幼稚園は、お休みです。母兎は、ゆっくり眠るように、言いましたが・・・。子兎の少年は、飛び起きました。でも、ママが風邪ひくから、ダメって…。外出させてもらえませんでした。僕は、窓から外をながめて過ごしました。お父さんは出張先から、帰れなくなったので、今夜は、お母さんと二人っきりです。夜になって、ベッドに入る前に、ちょっ...

  •  0
  •  0

よるくま 酒井駒子

酒井駒子著「ママあのね…昨日の夜ね」 「可愛いコが、きたんだよ。」少年が昨夜、自分の部屋で起きた、不思議な体験を母親に語るお話。夢とも現実ともつかぬ、ファンタジックな物語。夜、僕の所にやって来た、不思議な、黒い子熊『よるくま』と僕が、行方不明の『よるくま』のお母さんを、一緒に探しに行く冒険物語です。こんなに完璧に、くまなく家の内外を捜してしまったら、母熊の出る場所がなくなってしまうのでは・・・と心配...

  •  0
  •  0