スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ひめねずみとガラスのストーブ 安房直子

himenezuminogarasusuto-bu

安房直子著
隆矢なな画
小学館刊

寒がりな風の子の「フー」は、

くまストーブ店で、美しいガラスのストーブと油を買います。


誰も来ない森の奥で、

ガラスのストーブに黄色いアブラを入れて、

フーが、マッチで火を付けると、

美しいオレンジ色の炎が燃え上がりました。


つやつやした茶色の毛並みをした、

可愛らしい、小さな、ひめねずみの女の子が、

ストーブで体を温めているではありませんか。


僕のストーブだからと、拒否するフーに対して、

ヤカンがあればお湯が沸かせる・・・と言う、

ひめねずみの言葉に、

フーは金物店でヤカンと鍋をすぐさま購入しました。


小さなタマネギを剥きながら、

フーの帰りを待っていた、ひめねずみは

タマネギのスープを作りました。

ひめねずみが作る料理は、どれも美味しくて温かかく、

食後はストーブの傍らで、ぐっすりと眠りました。

その日から、ひめねずみとフーは一緒に暮らし始めました。


そんなある日。


フーとひめねずみが、

いつものようにガラスのストーブで

お茶を沸かして飲んでいると、

木の上から、見慣れない女の子が話しかけてきました。


女の子は、遠い北の国から来たオーロラでした。


オーロラに煎れたてのお茶をすすめる、ひめねずみでしたが、

フーは、北の国に魅せられて

オーロラとともに旅立って行ってしまいます。


フーは、やはり風の子なのです。


独り森に残った、ちっぽけなひめねずみは、

その日も、いつものように料理を作ってフーの帰りを待ちますが、

北国へ向かったフーは、その夜、帰りませんでした。


翌日から、ひめねずみは料理を作るのを止め、

ガラスのストーブでお湯を沸かして、

美味しいお茶を煎れました。


すると・・・その香りに魅せられた、

ひめねずみの大群が集まって来たのです。


ひめねずみ達は、あまりにも小さくて、

お互いの存在に気付かずに暮らしていましたが、

実は、この森には、ひめねずみが大勢いたのでした。


ひめねずみ達は、皆、ガラスのストーブを気に入り、

その傍らで暮らすようになりました。


やがて・・・

成人して風の精となったフーは、

どうしても、あの、ひめねずみに逢いたくなり、

オーロラに別れを告げ、

森へ帰って来たのですが、

そこに、あの、ひめねずみの姿は、ありませんでした。


フーは、ひめねずみの寿命を知らなかったのです。


ひめねずみのひ孫から、

「もう、とっくに・・・」の言葉を聞いたフーは

落胆しましたが、すでに手遅れでした。


小さくなったガラスのストーブを見て、

フーは自分の体が大きくなったのを感じました。


ひめねずみの子孫達は今でも、

ガラスのストーブとヤカンと鍋で、

あの頃の、フーとひめねずみと同じ様に、

料理をして暮らしていましたが、

そこには、フーの居場所はありませんでした。



大人になった事を実感したフーの体は、

やがて透明になり、

本当の風になって消えてしまいました。




表紙のひめねずみは小さくて目立ちませんが、

作品中で彼女の存在は大きいです。
スポンサーサイト
別窓 | 安房 直子 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

初雪のふる日 安房 直子

雪兎は、歌います。


「片足、両足、トントントン」


雪うさぎに連れ去られた子供は、
二度と戻って来られない・・・

何処か遠い所で、小さな雪の固まりに、されてしまう。

usagi

安房 直子 著
こみね ゆら イラスト
偕成社刊


ある日、女の子は、ろう石で描いた石蹴りの輪を見つけます。

片足、両足、片足、両足、片足、片足、両足・・・


モミの木の森を抜け、見知らぬ街を通り、

女の子は、夢中になって、石蹴りを続けます。


ふと、気が付くと、前後を大勢の「白うさぎ」に、

囲まれてしまっていました!


兎達は『雪うさぎ』でした。


雪兎は、歌います。


「片足、両足、トントントン」


雪うさぎに連れ去られた子供は、
二度と戻って来られない・・・・

何処か遠い所で、小さな雪の固まりに、されてしまう。



いつか、おばぁちゃんに聞かされた

恐ろしいお伽話を、思い出した女の子は、

教えてもらった、おまじないを唱えようとしました。


すると、白うさぎは、いっせいに歌を合唱します。


女の子は、おまじないを言えないうちに、

どんどん、遠くへ、連れ去れてしまいました・・・。


「おばぁちゃん、助けて!」


そう思った途端、足元の石蹴りの輪の中に、

よもぎの葉っぱが落ちているのが目に入りました。


女の子が拾うと、春の香りがあたりに立ち込め、

白うさぎは歌うのをやめました。


雪がやみ、あたたかい陽射しが女の子のほほを暖めます。


女の子は急いで、おまじないを唱えました。


「よもぎ、よもぎ、春のよもぎ」


すると、雪うさぎの姿は、消え失せ、

女の子は、見知らぬ街に、ひとり、たたずんでいました。


人々は、見知らぬ女の子の周りに、集まり、

何処から来たのか尋ねます。


日が暮れないうちに、女の子は、バスに乗せられ、

住んでいた懐かしい街へと、送り返されました。


雪うさぎが、去った後、

女の子が、薬局の前にたたずんでいる様子が印象的でした。


こみね ゆらさんのイラストで、

雪うさぎの魔法の世界が表現されています。


夢中で遊んでいるうちに、知らない人に

囲まれていたりしたら、怖いですね・・・。
別窓 | 安房 直子 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。