スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

麦味噌とシメジの「おやき」

冷蔵庫の残り物で、麦味噌のおやき作りました。

     oyaki-simezi

具は、ネギ・ニンジン・切干ダイコン・干し椎茸。

グリムス:京都議定書


麦味噌はキノコとも、良く合いそうですね。


おやきは、作りたてよりも、

冷凍してチンしたほうが、味がしみて美味しくなりますね。
スポンサーサイト
別窓 | おやき | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

焼きソバの「おやき」

   oyaki-yakisoba

焼きソバの「おやき」です。

焼きソバは、柔らかいので包みやすいです。

おやきの皮と、焼きソバの脂は
別窓 | おやき | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

豚肉と高菜漬けのおやき

   oyaki1

生地に、とうもろこしの粉、コーンフラワーを30g加えてみましたが、

あまりかわらないですね・・・

次回は、もう少しコーンフラワーの量を増やしてみようと思います。



材料(おやき13個分)

   具
    塩抜きした高菜漬け250g
    豚肉200g
    赤味噌大さじ1
    みりん 微量


   生地
    強力粉カメリア270g
    コーンフラワー粉30g
    ドライイースト6g
    全卵(大)1個
    水を適量加える
    マーガリン30g
    蜂蜜20g 

別窓 | おやき | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「おやき」その4 高菜漬と豚ミンチのおやき

     takana-minnti-oyaki

ちょっと、見にくいけど・・・

具は、高菜漬け+豚挽きです。


「おやき」の生地に、湯種したパン生地を使うので、

焼き立ては、カリッとして、パンパンにふっくら膨らみます。

で・・・冷めると、画像の様にシワッとなりますが、

気にしない気にしない。


少量でもミンチを加えるとボリュームUP。

具の量も、UPしますね♪


高菜漬け+ベーコンより、酸味は控え目に仕上がりました。

やっぱ、高菜漬けを入れると、おとなの味になるんですね~
別窓 | おやき | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ごぼう・コンニャク・鶏肉の炒め煮の・・・おやき

  oyaki-gobou

今回から、湯種した生地は、1晩休ませずに、

すぐ混ぜて包みました。


レシピは「高菜漬けとベーコンのおやき」と同様です。


牛蒡は、先端がとがってるので、

包みにくいね。


先日の「高菜漬けとベーコンのおやき」は、

おいしいけど

数日、冷凍保存すると、酸味を失ってしまいますし、

高菜漬けの味で、風味が大きく左右されるのですね・・・


結局、パンに合うものなら、

なんでも「おやき」になるみたい。


うちでは、焼きそばのおやきが、小学生に好評でした。

ちょっと贅沢に、焼きそばに紅生姜・アオノリをかけてから、

生地に包んでみようかな。
別窓 | おやき | トラックバック:0
∧top | under∨

高菜漬とベーコンの簡単おやきレシピ

冷蔵庫のチルドルームで、年越ししたベーコンで、

信州名物「おやき」にトライ♪

   takana-oyaki


材料(おやき13個分)

   具
    塩抜きした高菜漬け250g
    ベーコン6枚
    赤味噌大さじ1
    みりん 微量


   生地
    強力粉カメリア100g
    ドライイースト6g
    全卵(大)1個
    水 必要なら微量加える
    マーガリン30g
    蜂蜜20g


   生地(湯種)
    強力粉カメリア200g
    熱湯160cc 

①強力粉200gを、熱湯で練り、

  ラップで包んで、冷蔵庫で1晩ねかせる。

②強力粉100gに、イースト・全卵・マーガリン・蜂蜜を

  加え「湯種」した生地も加えて、レンジで発酵させる。

③高菜漬け・ベーコンは、切手大に切る。

④高菜漬け・ベーコンを、炒め、赤味噌・味醂を加える。 

⑤生地に具を包み、大福くらいの大きさに、握りましょう。

⑥フライパンに、油をしきフタして、ただちに両面焼く。

⑦冷めたら1個づつ、ラップに包んで冷凍庫へ。

⑧食べる直前に、ラップのままレンジでチン♪

   takana-oyaki-nakami

炒めた高菜の茎は、味も食感もメンマにそっくり♪

カリッと焼いたベーコンの豚の風味で、

中華風の仕上がりに。
別窓 | おやき | トラックバック:0
∧top | under∨

蓮根のキンピラで簡単「おやき」レシピ

残り物のお惣菜を、湯種したパン生地を使って

「おやき」にしてみました。

   oyaki


鶏ミンチと2mmにスライスした蓮根を炒めた

醤油味の「レンコンのキンピラ」。


シャキシャキした、れんこんの歯ごたえが楽しい。


昨夜、冷蔵庫に保存しておいた「湯種」した生地に、

強力粉・水・全卵1・蜂蜜・ドライイースト

サラダオイル数滴を加えて、HBで発酵。


完成した生地をHBから取り出して、

具を包み、オーブンペーパーを敷いた皿に載せて、

室温で、ちょっとだけ発酵。

   oyaki-seikei
   
少し膨らみかけたら、すぐフライパンへ。


フタをして焼くだけで、外は、かりっ、

中はふゎっとした「おやき」に・・・


完成した「おやき」は、冷めたらラップに包んで冷凍庫へ。


焼き立てよりも、冷凍後、レンジでチンして食べるほうが、

醤油が滲みて、本物の

信州(長野)の「おやき」に近い味に、なりました。


夕食の、焼きソバも包んでみましたが、

焼きそばパンみたいで、おもしろかったです。 

今度は、何を包もうかな・・・  
別窓 | おやき | トラックバック:0
∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。