スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

まよなかのもりで  ドロテ・ド・モンフレッド

mayonakanomoride

ドロテ・ド・モンフレッド作
ふしみみさを訳
ほるぷ出版刊

幼いファンタン少年は、たったひとりで真夜中の森を、

歩いて家路を急いでいました。

すると、突然……

ガサッ!ガサガサ!

グルルルルーーー!(ライオン)

ゴォォォォーーーー!

恐ろしい猛獣達が、次々にファンタンの前に立ちはだかりました。

思わず隠れた大樹には、ポッカリと穴が開いています。

穴の奥には、小さなドアがついていました。

ファンタンが、ドアを開けると、

真っ暗な階段が・・・

好奇心にかられたファンタンが、階段を下りると、

なんとそこは、素敵な、ダイニングキッチンでした。

テーブルの上には、ホットココアが湯気を立てています。

ファンタンが、思わず手に取り、美味しいココアを飲んでいると・・・

奥の部屋から、ウサギが出て来ました。

ファンタンとウサギは、互いの存在に驚きましたが、

事情を聞いたウサギは、奥の部屋から、

スーツケースを持って現れ、自分に任せる様に諭します。

ファンタントウサギは肩車をして、その上に、

怪獣のお面とマントを被り、いざ、深夜の森へ・・・

森の猛獣達は、ビビリっぱなしで、誰も襲っては来ませんでした。

ファンタンとウサギは、無事に

森のはずれにある、ファンタンのお家へと帰りつきました。

「ほっ」と、安心したふたりが、仲良くココアを飲んでいると・・・

トントントン・・・ドアをノックする音が聞こえます。

「誰?」と、ドアを開けようとしたファンタンに、

ウサギが待つように言います。

ノックしていたのは、森の猛獣達でした。

ライオンが言うには、

「森に恐ろしい怪物が居るので、みんなで逃げて来た」・・・

ファンタンとウサギは、例の怪獣のお面付きマントを着て、

猛獣達を脅かすと、ライオン達は、仰天し、

一斉に、森へと逃げ出しました。


ナンセンスですが、ウサギの人柄がよく表現されていて

心地よさがあります。

海外の作品ですが、身近な感じですね。

ほるぷ出版の新刊です。
スポンサーサイト
別窓 | うさぎの物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ふしぎなおきゃく

fusiginaokyaku

肥田美代子作
岡本颯子絵
ひさかたチャイルド刊



街で一番の人気店「とんちん軒」に
「不思議なお客さま」が、現れます。

さて・・・誰でしょう?

街で一番のらぁめん店「とんちん軒」に、
ある日、不思議な来客がありました・・・。

毛糸のシマシマ模様の帽子を、
目深にかぶっていて、顔はよく見えません・・・。

ひとりで入店し、カウンターで、
らぁめんをオーダーすると、
ひと口だけ食べるのです・・・。

ほんの、ひと口すすって、お店を出て行ってしまいます。

次の日も、その次の日も・・・。

とんちん軒の主人は、
「ウチのらーめんがマズイのかな?」
と、頭をかかえてしまいます。

いてもたっても居られなくなった、とんちん軒の主人は、
ある日、とうとう、このナゾの人物の
後をつけてしまいます。

街を抜け・・・

森へ・・・

森の奥で、ナゾの人物を見失ってしまった主人は、
寒さと疲労で座り込んでしまいました。

ちょうど、その時、目の前に一軒の明かりが見えてきました。

主人が、近寄ってみると、
そのお店は、らーめん店でした。

寒さに震えながら、らーめんをオーダーするし、
ひと口食べて、びっくり・・・。

「これは、うちの らーめんだ」

ラーメンを作っていたのは、あの、ナゾの人物・・・

いえ、ナゾの動物の正体は、
ウサギのらーめん屋でした。

聞けば、ウサギは、街で美味しいと評判の
とんちん軒と同じ味の、ラーメンを作るために、
毎日、食べに来ていたのでした。

沢山食べると、味がわからなくなるため、
食べたいのを我慢して、ひと口だけ食べて、
森へ帰り、厨房でらーめんを作っていたのでした。


森の、らーめん店は、
ミノムシみたいな屋根でできています(笑)

表紙を見れば、ウサギだと、すぐにわかるのですが、
それでも、最後まで読みたい本でした。
別窓 | うさぎの物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ビロードのうさぎ

biro-donousagi6078

マージェリィ・W・ビアンコ原作
酒井駒子絵・妙訳



ビロードの布でできた、ウサギのぬいぐるみの数奇な運命・・・。

クリスマスプレゼントだった、
綺麗なビロードの布でできたうさぎのぬいぐるみは、
プレゼントの山に埋もれて、
「男の子」に忘れられてしまいます・・・。

賢そうな、おもちゃの馬に励まされながらも、
うさぎは、長い不遇の時を過ごします。

ある日、うさぎは、失くしたおもちゃの替りに「男の子」と
ベッドで眠る事になりました。

やがて、お気に入りになったうさぎは、昼も夜も
片時も離れず、男の子と過ごすようになります。

男の子が病気で、寝たきりになった時も
うさぎは、傍らで見守り続けました・・・。

ところが、男の子がベッドから起きられるようになり
転地療養のため、海の家で暮らす事が決まると、
今まで、男の子が触れた物は
みんな処分されてしまう運命に・・・。






誰にもある、友達だったぬいぐるみとの別離の経験を
想い出させる、叙情的な絵本で、共感が持てますね。

国内外で、評価の高い酒井駒子さんの絵が楽しめます。

別窓 | うさぎの物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。