スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ひめねずみとガラスのストーブ 安房直子

himenezuminogarasusuto-bu

安房直子著
隆矢なな画
小学館刊

寒がりな風の子の「フー」は、

くまストーブ店で、美しいガラスのストーブと油を買います。


誰も来ない森の奥で、

ガラスのストーブに黄色いアブラを入れて、

フーが、マッチで火を付けると、

美しいオレンジ色の炎が燃え上がりました。


つやつやした茶色の毛並みをした、

可愛らしい、小さな、ひめねずみの女の子が、

ストーブで体を温めているではありませんか。


僕のストーブだからと、拒否するフーに対して、

ヤカンがあればお湯が沸かせる・・・と言う、

ひめねずみの言葉に、

フーは金物店でヤカンと鍋をすぐさま購入しました。


小さなタマネギを剥きながら、

フーの帰りを待っていた、ひめねずみは

タマネギのスープを作りました。

ひめねずみが作る料理は、どれも美味しくて温かかく、

食後はストーブの傍らで、ぐっすりと眠りました。

その日から、ひめねずみとフーは一緒に暮らし始めました。


そんなある日。


フーとひめねずみが、

いつものようにガラスのストーブで

お茶を沸かして飲んでいると、

木の上から、見慣れない女の子が話しかけてきました。


女の子は、遠い北の国から来たオーロラでした。


オーロラに煎れたてのお茶をすすめる、ひめねずみでしたが、

フーは、北の国に魅せられて

オーロラとともに旅立って行ってしまいます。


フーは、やはり風の子なのです。


独り森に残った、ちっぽけなひめねずみは、

その日も、いつものように料理を作ってフーの帰りを待ちますが、

北国へ向かったフーは、その夜、帰りませんでした。


翌日から、ひめねずみは料理を作るのを止め、

ガラスのストーブでお湯を沸かして、

美味しいお茶を煎れました。


すると・・・その香りに魅せられた、

ひめねずみの大群が集まって来たのです。


ひめねずみ達は、あまりにも小さくて、

お互いの存在に気付かずに暮らしていましたが、

実は、この森には、ひめねずみが大勢いたのでした。


ひめねずみ達は、皆、ガラスのストーブを気に入り、

その傍らで暮らすようになりました。


やがて・・・

成人して風の精となったフーは、

どうしても、あの、ひめねずみに逢いたくなり、

オーロラに別れを告げ、

森へ帰って来たのですが、

そこに、あの、ひめねずみの姿は、ありませんでした。


フーは、ひめねずみの寿命を知らなかったのです。


ひめねずみのひ孫から、

「もう、とっくに・・・」の言葉を聞いたフーは

落胆しましたが、すでに手遅れでした。


小さくなったガラスのストーブを見て、

フーは自分の体が大きくなったのを感じました。


ひめねずみの子孫達は今でも、

ガラスのストーブとヤカンと鍋で、

あの頃の、フーとひめねずみと同じ様に、

料理をして暮らしていましたが、

そこには、フーの居場所はありませんでした。



大人になった事を実感したフーの体は、

やがて透明になり、

本当の風になって消えてしまいました。




表紙のひめねずみは小さくて目立ちませんが、

作品中で彼女の存在は大きいです。
スポンサーサイト
別窓 | 安房 直子 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ピートのスケートレース ルイーズ・ボーデン

pi-tonosuke-tore-su
ルイーズ・ボーデン 著
ニキ・ダリー イラスト
ふなとよし子 訳
福音館書店 刊



第二次大戦時、ドイツ占領下のオランダ。

国境近くの町に住むピートは、

スケートに夢中な10歳の少年。


いつの日か「エルフステーデントホト」という、

11の町をめぐるオランダ最大のスケートレースに出場する夢をもちつづけています。


そんなピートに、

冬のある日、重大な仕事が任されます。

父親がナチスに捕らえられ、

身に危険のせまるスケート名人の友人(女性)と弟を、

隣国ベルギーに逃がす手助けをすることになったのです。


行く手には警備兵が目を光らせています。

命がけで凍った運河をスケートで滑らなくてはなりません。

街の人々はピートにふたりの運命をゆだねました。


国境を越え、無事たどり着くことができるのか……。


スケートの力と、ほんとうの勇気がためされる、

ピートのスケートレースのはじまりです。


無事、任務を終えたピートはエルフステーデントホトに出場を果たすのです。


著者の、ルイーズ・ボーデン(Louise Borden)

1949年、米国のオハイオ州に生まれる。

大学で歴史学を専攻後、

小学校教師、書店経営をへて結婚。

『The Little Ships : The Heroic Rescue at Dunkirk in World War 』などのノンフィクション絵本を

はじめ20冊以上の絵本を刊行。


邦訳に『戦争をくぐりぬけたおさるのジョージ』(岩波書店)と

『海時計職人ジョン・ハリソン』(あすなろ書房)がある。

現在、オハイオ州在住。

画家/ニキ・ダリー(Niki Daly)

1946年、南アフリカのケープタウンに生まれる。

大学で美術とデザインを学ぶ。

英国で音楽関係、イラストの仕事につき、

最初の絵本『The Little Girl Who Lived down the Road』で英国美術協会(BAC)からイラスト賞を受賞。その後も『Not So Fast, Songololo』

をはじめとする多くの絵本が米国などで高い評価を受け、

数々の賞を受賞。

現在は南アフリカで絵本作家として活躍している。

邦訳に『かわいいサルマ』(光村教育図書)と

『ママのとしょかん』(新日本出版社)がある。

現在、ケープタウン在住。
別窓 | ノンフィクション | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

よくぞごぶじで ルドウィッヒ ベーメルマンス

yokuzogobuzide
ルドウィッヒ ベーメルマンス 著
Ludwig Bemelmans 原著
江國 香織 訳
ビーヴァリー ボガート
BL出版刊


そのむかし、アメリカやヨーロッパ各地で行われていたきつね狩りは、

当時の人々の楽しみのひとつでした。


朝、ラッパの音と共に、犬を連れ馬に乗った大勢の人が集まり、

匂いを頼りにきつねを追って、

年に1度、夕暮れまで野山を駆け回るのです。


でも、ここに出てくる古ギツネは、

毎年、ただ、追いかけられていたわけではありませんでした…。


古キツネは、奥さんや子供たちを愛していましたから・・・


川で足を洗い、香草の臭いを消し、

今年も無事に、森の奥の自宅へと帰り着きました。


キツネのご主人は、家族の温かい出迎えを受け、

あたたかい飲み物を奥さんからすすめられるのですが、

飲み物の入っているカップが素敵です。

キツネ狩りをしている貴族の家にある食器よりも、はるかに立派です。


これで来年まで、一安心するキツネの家族が

微笑ましく描かれています。



ベーメルマンスは、人間ときつねの両方の立場から、

温かなユーモアをこめて描いています。

約50年前にアメリカで出版された絵本。

著者のベーメルマンス・ルドウィッヒは、

1898年にオーストリアで生まれました。


16歳でアメリカに渡り、

ホテルで働きながら絵を学んだのです。


1939年に『げんきなマドレーヌ』(福音館書店)を出版したのをはじめ、

次々とマドレーヌシリーズを発表し、

子どもから大人にまで親しまれています。


『マドレーヌといぬ』(福音館書店)では、コールデコット賞を受賞。

1962年没。

別窓 | 森の仲間の物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

カプリの王さま ジャネット・ウィンターソン

kapurinoousama
ジャネット・ウィンターソン 著
ジェーン・レイ イラスト
柳原 由紀  訳
Ayuo  訳


イギリスでの有名小説家ジャネット・ウィンターソン作。

「ルガルバンダ王子の冒険」のジェーン・レイがイラストを描く絵本です。


カプリは小さな島です。

このカプリ島に、デザートが大好きな王様がいました。


アイスクリームにカップケーキ・ゼリー・・・


カプリの王さまは、いつも侍従に、

「口が二つあったら、もっとおいしいものをもっといっぱい食べられるのに……」

と、言って暮らしていました。


その日も、デザートで汚れたままの服を、

ベランダに洗濯バサミで干して、

靴下と王冠だけを身に付けた王様は、

ベッドでぐっすりと眠り込んでいました。


夜中に、とても、強い風が吹いたのも知らずに・・・



王様の洋服、兵士のヒゲ、牛、自転車、リンゴ、アヒル、スープ。

それから王様の宝物も・・・

それらのものが、みんな風に吹きとばされて、

対岸のナポリへと飛んで行きました。



ナポリに暮らす洗濯屋のジュエルおばさんの庭に、

飛ばされた王様の洋服、牛、自転車、

人が眠ったままのベッド、リンゴ、アヒル、スープ。

それから王様の宝物も・・・

ドッスーンと落ちてきたのです。


やがて・・・

ナポリの女王として、

人々に敬愛されるようになったジュエルおばさんの城を、

王様が訪れ、ふたりは結婚して、幸せに暮らしました。


ジュエルおばさんの飼い猫の、屈託のない挨拶(イタリア語)が素敵です。



別窓 | 猫の物語 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。