スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

バーバ・ヤガー

ba-bayaga-


ロシアの民話に登場する山姥、バーバ・ヤガーの物語です。


バーバ・ヤガーは鳥の足の付いた、ツリーハウスに住んでいますが、

この本のバーバー・ヤガーの家は、歩きますし、

バーバ・ヤガー自身も、臼に乗って移動するので、

とてもアクティブです。
スポンサーサイト
別窓 | その他の絵本・童話 | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨

バラライカねずみのトラブロフ ジョン・バーニンガム

bararaikanezuminotoraburohu
ジョン・バーニンガム著・イラスト


「ガンバの冒険」を彷彿とさせる作品。


これは、中欧の宿屋に住んでいる、

ねずみのトラブ一家の物語です。


音楽好きの若いねずみトラブロフは、


友人(鼠)に作ってもらったバラライカに夢中でした。


いつか・・・

オーケストラの指揮者そこのけで聴衆の喝采を浴びる日を夢見て、

母親に内緒で、

ジプシーのおじいさんのポケットに忍び込んで家をでてしまいます。


ポケットのトラブロフに気付き驚いたおじいさんでしたが、

バラライカの演奏を教えてやると約束した手前、

追い返しはしませんでした。


トラブロフの家出に気付いた母親は病に倒れ、

妹がスキーでトラブロフ一行の後を、追いかけて着ました。

スキーは、もう1セットあるからと、

妹に、うながされ兄妹で帰途につきましたが、

それは苦難の道のりでした。


すでにバラライカ(ロシアの民族楽器)の

演奏を習得したトラブロフは、

母親の無事を信じてスキーを滑らせました。


母親との再会を喜び合う間もなく、

トラブ一家は、宿屋の主人が雇った恐ろしい猫によって、

建物から追い出されようとしていました。


楽師の到着を待つ、宿屋の主人の前で、

トラブロフがバラライカを演奏し喝采を浴びます。


トラブロフのバラライカの演奏は、

トラブ一家に幸福をもたらします。


ジョン・バーニンガム氏は、

映画「チキチキバンバン」で、

チキチキバンバンの製作デザインにも携わられたそうです。

登場人物の真剣な生き様が素敵です。

別窓 | ネズミの物語 | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨

南の国の星の砂

minaminokuninohosinosuna

夜空の星が海に沈み、

浜辺に打ち上げられ星の砂になました。

別窓 | その他の絵本・童話 | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨

おしゃべりなたまごやき

osyaberinatamagoyaki


鳥小屋の鍵を、みんなに内緒で開けてしまった王様と、

王様の秘密を聞いてしまった鶏の楽しい物語です。
別窓 | 鳥の物語 | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨

クリスマスの真珠 ミーシャ・ダムヤン 

kurisumasunosinnju
ミーシャ・ダムヤン著

海のクリスマスの物語です。

青が基調になったイラストが素敵です。
別窓 | クリスマスの物語 | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨

東電OL症候群 佐野眞一

toudenn

佐野眞一著
新潮社刊


本書を読んだのは、2008年春。



著者は、猫好きとしても知られ、

愛猫によせるエッセイを新聞で読み、

その想像力の凄さに感心しました。



昼は一流企業のキャリアウーマン、

夜は渋谷・円山町の売春婦という2つの世界を生きた女性が

何者かに絞殺されたのは1997年の3月だった。


この事件の一審判決までを描き、

大きな反響を呼んだのが『東電OL殺人事件』で、

本書はその後を受けたものである。


一審で無罪となったネパール人被告は

検察の要請により再勾留、

控訴審では逆転有罪判決を宣告されてしまう。


だが、無罪を信じる著者は、

ひるまず事件の行方を追い続ける。


再勾留決定にかかわった裁判官が

少女買春で逮捕されるなど、

一般には知られていない因果関係を明らかにし、

司法の堕落を追及していくのだ。


だが、執拗なまでの取材なら、

前作でも十分行われていた。


本書が単なる続編にとどまっていないのは、

事件を読み解く新しい視点が用意されているからである。


前作発表後、特に女性読者から

尋常ならざる反響が寄せられた。


その多くは、敬慕する父を失い、

エリートへの道を閉ざされて

堕落へひた走った被害者への同情と共感だった。


別窓 | ノンフィクション | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ちびフクロウのぼうけん ノーラ・スロイェギン

tibihukurounoboukenn


ノーラ・スロイェギン著
ピルッコ・リーサ・スロイェギン イラスト
みむらみちこ訳
福音館書店刊

朝日がのぼるころ、

「もう寝る時間ですよ」と、

母さんフクロウが子どもたちを呼びました。


でも、ちびフクロウは寝たくありません。

こっそりと木の幹を下りました……。


ちびフクロウの冒険のはじまりです。

別窓 | 鳥の物語 | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。