スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

≪マクリーンの川≫

makuri-nnnokawa60-83

ノーマン・マクリーン著
渡辺 利雄訳
集英社



北西部モンタナの渓流での鱒釣りを背景に
展開する家族の絆の物語。

不器用で堅実な兄、ノーマン。

フライ・フィッシングの名手ながら、
新聞記者としての才能も発揮できず、
奔放に生き、破滅していくポール。

ノーマン父子は、終生、
ポールの死について、こだわり続ける。





他の作品に
『マクリーンの渓谷』(全米批評家協会賞受賞)
『マクリーンの森』

ブラッド・ピットの出世作となった
ロバート・レッドフォード監督の
「リバー・ランズ・スルー・イット」の原作。

今世紀初頭の、アメリカへの
ノスタルジア文学としてベストセラーに。

著者は、ワーズ・ワス研究者です。

著者は、アイオワ州クラリンダの
スコットランド系移民の、牧師の家庭に生まれ、
フライ・フィッシングの名手だった父に育てられ、
シカゴ大学で、英文学教授を定年後の74歳で、
自分よりも才能に恵まれながら、
若くして死んでしまった弟の想い出をもとに執筆。

1977年ピューリッツアー賞小説部門の
第1候補になるも、「ルーツ」のジャンル分けの議論
(歴史or小説)の影響を受け、落選。

同年は同賞の受賞作品は「該当なし」に・・・。

物語全体に漂う、フィッシャーマンの誇りが
独特の世界観を、形成しています。

ロッキー山脈の自然を愛し、川を
神聖視するマクリーン家の人々。

物語が展開する場所は、ほとんど
「ビッグ・ブラックフット川」と「エルクホーン川」です。

家族の話題も多いのですが、内容の7割は
フライフィッシングのキャスティングについてです。

前半40ページは、ちょっと退屈です。

50ページで事件が発生します。
ネイティブアメリカンの登場人物も登場し
舞台はにぎやかに・・・。

39~43ページの、フライ・フィッシングの
描写は素敵ですよ。

静寂を楽しみながら、お気に入りの場所で
読みたい一冊。

山肌を、垂直に駆け上がるクマや、
ブラックフット川を泳いで渡るオオアカヤマネコ。

大きなブラウントラウト。

ロッキー山脈の大自然が、余す所なく
描かれています。

ブラックフット川の水底で、泡が立たない程
冷やして飲む「ケスラー・ビール」。

当時は、人口が1万人いる街では、当たり前の様に
地ビールが、作られていたみたいです。

古き良きアメリカへの思慕が綴られています。
別窓 | フィクション | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<切り裂きジャック | 晴れのち猫 | 名犬ノップ 『ボーダーコリー』が主役の小説です>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。