スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

犬とわたしの10のやくそく

inu10



落合恵子 翻訳
メグ・ホソキ イラスト
リヨン社 刊

世界中の動物サイトに伝わっている、
作者不詳の詩「犬の十戒」が、
単行本から絵本になりました。

「虹の橋のたもとにて」は、
ネィティブアメリカンの伝承とも言われている、
素敵なお話です。

私も、よく似たお話を日本版の伝承で、
耳にした事があります。

ペット達がいる場所は、
虹のたもとではなくて、三途の川のほとりでしたが・・・。

不思議に一致する内容で驚きました。

もう、絶対に、逢えないと思っていた愛犬に、
再会できたら、どんなに素晴らしいでしょう。

ちょっぴり、楽しみです。

間もなく松竹系で、公開される
『犬と私の10の約束』(主演:田中麗奈 監督:本木克英)の
原作です。

映画のCMで、私は、10年位しか
生きられないというのを聞いて、
難病にかかった少女と愛犬の物語
だと、思い込んでおりました。

「私を叩く前に、思い出して下さい。

私には、あなたの手を簡単に噛み砕ける歯がある事を・・・後略」

という一節に、胸が痛みました。

うちの猫も、叱られる前に、抱きついて来るんです・・・。
別窓 | 犬の物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<紫の履歴書  | 晴れのち猫 | 初雪のふる日 安房 直子>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。