スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

カタコンベ 神山裕右

katakonnbe

神山裕右著
講談社刊

2004年第50回江戸川乱歩賞(最年少24歳)受賞



東馬亮・・・NACDの認定ケイブダイバー(洞窟での潜水を専門とする)。

相田宗治・・・東馬の親友。工業系大学の2年生。

水無月健一・・・東谷のかつてのバディ。関東では有名なケイブダイバーだった。

水無月弥生・・・健一の一人娘。現在は、T大の古生物研究者。

柳原史郎・・・ケイバーで、T大の古生物学者。

霧崎彰・・・有名なケイバーで、屈強な青年。


   プロローグ

   1.償い
   2.調査
   3.再会
   4.脅迫
   5.対決
   6.光

ケイバー川島孝史と石岡拓也は、

新潟県マイコミ平で竪穴の大洞窟を発見するが、

正体不明の動物に襲われる。

この動物こそ、絶滅したニホンオオカミではないか

調査するために、調査隊に参加した古生物学者柳原助教授と、

その助手 水無月弥生は、第1アタック班として、

入洞直後に、落盤により、洞窟内に閉じ込められてしまう。

大雨の度に水没する、この洞窟には、

5時間後に水没の危険が迫っていた。

さらに、レスキュー隊の仕掛けたダイナマイトにより、

洞窟内は危険な状態に・・・

洞窟に閉じ込められた、かつてのバディ水無月健一の娘、

弥生を救出する為、

東馬亮は、つながっている可能性のある

旧知の洞窟内の地底湖から潜水し、

単身、救助に向かうのだが・・・

東馬自身も、人には言えない過去を背負っていた・・・

また、救助を待つアタック班の中には、

調査隊とは、別の目的で、

マイコミ平を訪れた者が、居たのだった・・・


読みやすく、一気に読める作品です。

著者は、愛知県出身、

名古屋経済大学法学部企業法学科卒業の方です。

舞台がヨーロッパでないのは、意外で、新鮮でした。
別窓 | 推理小説 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<あおくんときいろちゃん | 晴れのち猫 | おそばのくきはなぜあかい 石井桃子>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。