スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

カンフー・パンダ the movie novel スーザン・コーマン

kannhu-pannda

ドリームワークスアニメーションシリーズ
スーザン・コーマン作 
杉田七重訳
角川書店 刊

ラーメン店の息子ポー(ジャイアントパンダ)は、

毎日、カンフーファイブに憧れ、カンフーの練習に明け暮れていた。

そんなポーに父(ダチョウ)は、

自分のラーメン店を継ぐ様に迫る。

ラーメンを運ぶポー・・・

だが、ジャイアントパンダが働くには、この店は狭すぎたのだった。


平和の谷では、シーフー老師のもと、

マスター・ファイブ(タイガー、モンキー、ヘビ、カマキリ、ツル)

の面々がカンフーの修行を続けていた。


ある日、ウーグウェイ導師の予言どおり、

カンフー・ウォーリアーの、

タイ・ラン(ユキヒョウ)が脱獄してしまう・・・。


しかし、平和の谷を救う「龍の戦士」に選ばれたのは、

ジャイアントパンダのポーだった。


ポーはカンフー・マスターになることができるのか?

厳しい修行が始まったのだが…。


ぷよぷよで食いしん坊のポーに、

カンフーを教えるために、食べ物を利用する老師だったが・・・。
別窓 | その他の絵本・童話 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<日本の阿片王 二反長音蔵とその時代 | 晴れのち猫 | スパイダーウィック家の謎1 人間見るべからず ホリー・ブラック>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。