スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

愛犬王 平岩米吉伝 片野ゆか

aikennou

片野ゆか著
小学館刊

   1.狼に憧れた神童
   2.白日荘のにぎやかな住人
   3.動物文学に集う人々   
   4.愛犬の系譜
   5.戦火のなかの動物
   6.犬は笑うのか?
   7.狼との対話
   8.奇人先生の愛した犬達

第12回小学館ノンフィクション大賞受賞作。

昭和60年に没した愛犬家 平岩米吉氏は、

近藤日出造の「昭和奇人伝」に、

牧野富太郎と並んで紹介された人物です。


連珠の大家で、日本犬と日本猫の保存

フィラリアの撲滅と治療に尽くしました。

戦前、自由が丘で、シェパード・狼

ジャッカル・狸・狐・ハイエナ・ジャコウネコを飼育。


平岩米吉氏は、6代目甚助・志けの長男として、

竹問屋に生まれます。

先妻との間に生まれた長男を廃嫡するという、

事情の中、実母 志けが育児放棄した為、

乳母 廣瀬みさに育てられます。

亡き夫が剣術家だった廣瀬は、米吉に連珠を教え、

夜毎、「椿説弓張月」を聞かせます。

椿説弓張月に登場する山雄・野風の2頭の狼の忠義に、

魅せられた米吉氏は、狼を飼いならし、タクシーに同乗させ

銀座の街を犬の様に連れ歩いたといいます。

当時、狼の実物を見た人は、皆無で、

周囲の人々には、大型犬だと思われていたようです。

狼は、犬の群れで生活すると、程なくして遠吠えをやめ、

ぎこちないながらも、犬の様に鳴くのだそうです。


空襲の激化で疎開、帰京後は、

外国人による(数年間の)自宅の不法占拠に悩まされながらも、

最愛のシェパードを室内飼いする一方、

雑誌「動物文学」を創刊し犬たちの詩歌を詠みました。


  『犬は犬、われはわれにて果つべきを

            命触りつつ睦ぶかなしさ』

今は亡き、全ての愛犬の毛を財布に入れていたという、米吉氏の句です。
別窓 | 犬の物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ラクダのこぶはなぜできた? ジョセフ・ラドヤード・キップリング | 晴れのち猫 | ゆらゆらばしのうえで きむらゆういち はたこうしろう>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。