スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

そしてベルナは星になった 盲導犬ベルナの愛の物語

beruna60-87

郡司ななえ著
(株)ナナ・コーポレート・コミニケーション刊



盲導犬ベルナとの出会いから最後を看取るまでの
13年間の日々を、短歌を織り交ぜて綴る愛の物語。




著者は、新潟県上越市生まれです。
ベルナの晩年から『盲導犬のお話の会』を開始されました。

現在は、3代目のペリラです。
2代目の盲導犬は、白血病で・・・。
クイール以外にも、白血病にかかった盲導犬が
いた事にショックをおぼえます。

『盲導犬のお話の会』は、2002年末に通算640回を超えました。

24万部を突破した「ベルナのしっぽ」の続編。

プロローグが、いきなり「最後のドライブ」なので
気がめいりましたが・・・。

以前、ドキュメンタリーで、子育てされる、
全盲のご夫妻と盲導犬の番組を
拝見した事があって、その方のお話では、と思い
この本を手にとりました。

27歳で光を失った著者の、「目のみえないお母さん」
としての、子育ての記録です。

全盲のご主人と、二人三脚で、
育んでこられた様子が描かれています。

ベルナは著者の目になり、お子さんを育て、
「盲導犬ベルナのお話の会」を開いて
遠くの街の講演へも、著者を連れて行きました。

リタイアを勧められても、寝たきり犬になったベルナを
手放さず、看取られました。

新しい飼い主の所へ行くよりも、ベルナは
幸せだったと思います。

牛肉が好きで、お肉屋さんが大好きなベルナ。

ベルナ自身が白内障になり、視力が低下していく中で
盲導犬としての「生きがい」を失くしたり、
「プライドを傷つけられたり」する度に、
ベルナの自信回復のために、工夫する
著者の気持ちは、胸を打ちます。

読了後も、ベルナがしっぽを振る
「ぶん、ぶん」と、いう音が聞こえてくる様な気がします。

もともとは、犬が恐くて、好きではなかった著者の
ベルナとの13年間の温かい心の交流の物語です。

別窓 | 犬の物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<≪御直披・おんちょくひ≫ | 晴れのち猫 | ≪私のカラフト物語≫>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。