スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

タンタンタンゴはパパふたり

ttanntanntanngohapapahutari

ジャスティン リチャードソン 著
ピーター パーネル 著
ヘンリー コール イラスト
尾辻 かな子 翻訳
前田 和男 翻訳

動物園に暮らすペンギンのタンゴの物語。

ロイとシロのパパふたりとタンゴの家族の物語。


ロイとシロのペンギンは、

いつからか、カップルになりました。

一緒に泳いで一緒に巣づくりして、

いつも一緒でした。


ところが、周囲の他のカップルには、

赤ちゃんペンギンが誕生しているではありませんか。


ロイとシロは、近くにあった卵の形をした石を拾ってきて、

さっそく交替で暖めはじめました。

流石に・・・石の卵は、いくら暖めても、孵化しませんでした。


その様子を眺めていた飼育員が、

他のペンギンが育てられなかった卵を、

ロイとシロの巣においてやります。

やがて、暖められた卵から、

1人娘のタンゴが誕生したのです。



ニューヨークにある、

セントラル・パーク動物園でおきた実話

を絵本にした『and Tango makes three』の邦訳版です。

別窓 | 鳥の物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ふゎふゎ湯種ライ麦パン | 晴れのち猫 | ヘンリー・ブラウンの誕生日 エレン・レヴァイン>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。