スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

トーキナ・ト 津島 祐子

to-kinato

津島佑子文
宇梶静江刺繍
杉浦康平構成
福音館書店刊


アイヌの守り神、巨大なシマフクロウの不思議な神話。

物語は、アイヌの口伝、カムイ・ユカラによって語られていきます。


全篇の絵は、イラストではなく、

アイヌの詩人で民族解放の運動家、

宇梶静江氏の刺繍で描かれています。


著者の津島佑子氏は、野間文芸賞、谷崎潤一郎賞、

川端康成文学賞、読売文学賞、泉鏡花文学賞、

伊藤整文学賞、女流文学賞、大佛次郎賞を、

受賞された作家であり、父親は、太宰治氏です。


最近では、萱野茂氏が編纂したアイヌ語の辞典も出版されています。


過去、アイヌ語の使用は、他の先住民族の言語と同様に

禁じられた時代もあったようですが、

最近、アイヌ語を見直し

伝承していこうという動きもあるようです。


先日、NHKで、

『アイヌ語の位牌を背負っていると言う者がいるが、

まだ、位牌にはなっていない。

言葉さえ持っていれば、自分達は違う民族だと言える』・・・という

アイヌの古老 萱野茂氏の言葉が印象的でした。

別窓 | その他の絵本・童話 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<影の縫製機 ミヒャエル・エンデ | 晴れのち猫 | gremzハロウィン>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。