スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ろくべえまってろよ 灰谷健次郎

rokubeemattteroyo

灰谷健次郎著
長 新太絵
文研出版刊



犬の「ろくべえ」が、深い竪穴に落ちてしまった。

みすず・しろう・えいじ・かんちゃん・みつお。


高学年の生徒は、まだ帰宅していない時間帯に、

5人の幼い小学生達だけで、犬の救出劇を繰り広げます。


大人達は、穴に落ちたのが

子供達でなかった事に安堵しますが・・・

子供達は、ろくべえを励まし続け、

ろくべえの恋人「クッキー」を、連れて来ます。


クッキーをカゴに入れて、竪穴へ降ろし、

クッキーに、つられた、ろくべえがカゴに乗り込むという計画でしたが、

穴の底でクッキーは、サッとカゴから降りてしまいます。

失敗したかに見えましたが・・・

クッキーが、再びカゴに乗ると、

ろくべえも一緒に乗ったではありませんか。


こうして、誰も怪我する事なく、無事に

ろくべえを救出する事ができました。

いつの時代にも、共感できるお話ですね。


別窓 | 犬の物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<自家製手作り納豆 | 晴れのち猫 | シャトレーゼのクリスマスケーキ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。