スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

≪私のカラフト物語≫

karafuto60-90

恵原俊彦著
東京図書出版会




大正8年に、カラフトへ渡った一家の記録。

カラフト生まれの著者が、抑留生活の後、
盛岡へ引き揚げるまでが、
56の短編にしてまとめられております。



ダッタン人と言うのは、タタール人(トルコ系遊牧民)
の事だとはじめて知りました。

少年時代のエピソードは、著者の
子供らしい驚きに満ちています。

カラフトには、映画館もあり、日本人も
多く住んでいたもようです。

カラフトシシャモは、北海道の物より大きく
体長は12~3㎝ですが、「雑魚」と呼ばれ
当時は、食用ではなく、飼料でしたが
網の一投で、石油カン半分も獲れたそうです。

また、豊眞線は、上越線と並ぶ、渓谷美を
堪能できるループ線ですが、ロシア領に
なってからは、客車では通れなかった様です。

引き揚げ船に乗船する前に、
風景が入っている写真は没収されました。

ルーブル貨幣とカペイカ硬貨も没収です。

抑留生活中に、同居していたニコライ・バーヴシカ
母子との心温まる交流。

タグボートの火夫をしている時、三角波の底へ
入った体験。

Kさんが、タコ部屋から逃亡する「逃亡を決意」では
自分が捕まる様で、ドキドキします。

「引き揚許可証」を、無事にもらうまでの
エピソード等も見逃せません。

抑留生活や、悲惨な戦争体験も語られていますが、
何処となく「あの頃はみんな、そうだったんだよ」的な
柔らかな表現で描かれています。

客観的にとらえる事ができ、
穏かな気持ちで読めました。

どちらかと言えば、内容は、人情話の方が多く
語られています。

別窓 | ノンフィクション | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<そしてベルナは星になった 盲導犬ベルナの愛の物語 | 晴れのち猫 | ≪野外料理のベーシック・テクニック≫>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。