スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

パレスチナから来た少女

paresutinakarakitasyoujo

 
大石 直紀著
光文社刊

カメラマン立花 俊也は、パレスチナの難民
キャンプで孤児になった少女
ナイマ・シェハデを保護する 。

帰国後、立花の養女となったナイマは、
立花沙耶として大切に育てられる。

一方、ナイマの姉ノエルは、両親を殺された
憎しみから、テロリスト(マリカ)となり、要人の
暗殺を繰り返していた。

成長したナイマを連れ、アラファト議長との
インタビューを果たす為に、パレスチナ入り
する立花だったが・・・。

沙耶も、マリカに酷似していることから、
事件に巻き込まれていく。

第2回 日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作

作者は、フリーライターです。

他の作品に、
「キッドナップ」
「サンチャゴに降る雨」
「テロリストが見た桜」

序盤で、ノエルとナイマが、姉妹である
事が読者にわかってしまう所が、惜しい。

個人的には、ラストでわかった方が
もっと楽しめたような・・・。

設定がおもしろいだけに残念です。

描写が素晴らしく、 ノエルの容姿が
見えるようです。

特に、日本に潜伏してからのマリカ(=ノエル)
の行動に興味をそそられました。

難民キャンプの様子や、アラブの街並みも
描かれていて、興味深い。

全体に、意外性の少ない作品ですが、
自然な流れで、うまくまとまっています。

クライマックスは、盛り上がりのある展開で、
一気に読めました。

別窓 | 推理小説 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<イエスの遺伝子 | 晴れのち猫 | マリアプロジェクト>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。