スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

猫の事務所 宮沢賢治

gremz(グリムス):地球温暖化

nekonozimusyo


宮沢賢治著
黒井 健絵
偕成社刊

猫の事務所とは・・・何とも、心ひかれるタイトルですね。

軽便鉄道の停車場のちかくにある、

猫の第六事務所。

猫の歴史と地理を調べるための事務所です。


大きな黒猫の事務長の元で働く、

事務所の4人の書記は、若い猫の憧れの仕事でした。

  一番書記は白猫。

  二番書記は虎猫。

  三番書記は三毛猫。

  四番書記は竈猫。

竈猫というのは、生れつきではないそうです。


生れ付きは何猫でも、

夜かまどの中にはいって寝るのが好きで、

鼻と耳が黒くタヌキのように煤けた猫のことだそうです。


この物語の続きはこちらで。



別窓 | 猫の物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<どこ見てるにゃ? | 晴れのち猫 | かしも名物 朴葉寿司>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。