スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ルウとリンデン旅とおるすばん 小手鞠るい

gremz(グリムス):エコマーク

rinndenn


小手鞠るい著
北見葉胡絵
講談社刊

「私、世界一周の旅に出る・・・」

突然、森の家から旅立つ少女ルウ。

「いい猫でおるすばんしてて・・・」

ひとりぼっちで、森の家に、とりのこされる黒猫のリンデン。

リンデンのしっぽの先は、白いのです。

リンデンは「僕のしっぽにそっくりな青い傘」を、

ルウに持って行くよう言いました。


ルウの留守中、

森の動物達と、かくれんぼするリンデン。

けれど、誰もリンデンを見つけ出してくれません。

ルウなら僕のしっぽで、

すぐに見つけてくれるのに・・・と思うリンデンでした。


ページの上下に分けて、

ルウとリンデンの日常が描かれた絵本です。

ストーリー上の劇的な展開はありません。


このまま、ルウが帰らなかったら、

リンデンがどうなっちゃうのか心配ですね。

ルウのおみやげで飾られたリンデンの姿は、

何故か・・・「食いだおれ太郎」に、そっくりでした。
別窓 | 猫の物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<gremz(グリムス)苗にカエルが来訪 | 晴れのち猫 | gremz(グリムス)に、猫が来訪>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。