スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

かいじゅうたちのいるところ モーリス・センダック

kaijuutatinoirutokoro

モーリス・センダック著
じんぐう てるお訳
富山房

主人公のマックスは、オオカミの着ぐるみを着て、いたずらし放題。

母親に、叱られ夕食ぬきに・・・


閉じ込められた寝室でマックスの見たものとは・・・


マックスの部屋には、木が生え始め、

あっという間にジャングルに。


・・・もうこの時点で、夢オチだな・・・と判るのですが、

それでも楽しい本です。


海も押し寄せて来ました。

・・・映画化されてるので、ここのところCGで見たいですねぇ。


船に乗ったマックスは1週間・・・1ヶ月と長い航海の末、

「かいじゅう」達の棲む無人島へ、たどり着き、

かいじゅうの王さまになるのですが・・・

温厚で優しかったかいじゅう達が、

マックスが帰りたいと言った途端、

マックスの事が食べちゃいたい位好きだと叫び始め追って来ます。


マックスは島を脱出し、

船で長い公開を経て自分の部屋にたどり着くと、

そこには・・・まだ温かい夕食がテーブルーに届けられていました。



何でも映画化されると

名作になってしまうのには抵抗ありますよね・・・と言いたい所ですが、

なんと・・・

全米で10月16日から公開される中、日本でも、

こども店長こと、加藤清史郎君が日本語吹き替え判で、

マックス役に決まったので、ヒットするんでは・・・



ハッピーエンドですが「かいじゅう」のキャラクターが、

どうしても「なまはげ」に見えてしまうのが、ちょっと残念。




別窓 | ドラゴンの物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<りゅうのめのなみだ浜田廣介いわさきちひろ | 晴れのち猫 | 魔法の夜 ドミニク・マルシャン>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。