スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ひとりぼっちのさいしゅうれっしゃ いわむら かずお

hitoribotttinosaisyuurettsya

いわむら かずお
偕成社刊

山あいを走る最終列車には、

山の動物や家畜達がいっぱい乗り込んで来ます。

皆の近況を報告しあう動物達は、

ワイワイガヤガヤ賑やかに歓談し合うあまり、

途中から人間が、乗車したことに気づきませんでした。


終点の駅で駅員さんは、乗客は

あなた一人きりだったと言うのですが・・・


最終列車で動物と乗り合わせた旅人の不思議な体験を綴ります。




動物達の会話が方言なのが、新鮮でした。


別窓 | 鉄道の物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<悲しい本 マイケル・ローゼン | 晴れのち猫 | ぶたのたね 佐々木マキ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。