スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ねむいねむいちいさなライオン マーガレット・ワイズ

nemuinemuitiisanatisanaraionn
マーガレット・ワイズ著
ふしみ みさを訳
イーラ 撮影
徳間書店刊

仔ライオンの写真集に物語をつけたものですが、

写真が素敵です。


あるひ、ちいさなライオンは、ぼうけんをしたくなりました。

「まだちいさくて、どこでもすぐにねむたくなってしまうでしょ」

と、おかあさんライオンはとめましたが、


ライオンのこは、がんばって、

ひろいせかいにでていきました。


さいしょにあったのは、いぬ。


おひさまのにおいがして、

すぐにだいすきになったのですが、

ライオンのこは、やっぱりなんだかねむくなってきて…。


すぐにねむたくなってしまうライオンのこ。


動物写真家の先駆けイーラと、

数々の絵本を世に送りだしたマーガレット・ワイズ・ブラウンによる

おやすみなさいの絵本です。
別窓 | 猫の物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<かようびのよる ディヴィット・ウィーズナー | 晴れのち猫 | friendsフレンズもののけ島のナキ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。