スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

八月がくるたびに おおえひで

hatigatugakurutabini
おおえ ひで 著
篠原 勝之 絵
理論社 刊


第20回小学館児童出版文化賞。

第18回産経児童出版文化賞推薦。
小学館児童出版文化賞を受賞したロングセラーのリニューアル版。

ヒロイン「きぬえちゃん」が、わずか5歳の時

1945年8月9日、長崎にピカドンが投下されました。



いきなり白い光が、ぴかあっと光り、

とっさに、人形のまるちゃんをつかんでうつぶせたきぬえに、

ものすごい爆風がおそいかかりました・・・


これは復刻版ですが、

原作のイラストは生々しいです。






別窓 | その他の絵本・童話 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<麦味噌とシメジの「おやき」 | 晴れのち猫 | ワイルドストロベリー収穫>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。