スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

クリスマスのちいさなおくりもの アリスン・アントリー

kurisumasunotiisanaokurimono


アリスン・アントリー著
福音館書店刊

クリスマスの小さな贈り物とは・・・

サンタが、

鼠が脱いだモヘアの靴下に入れたダイアモンドだったのですが、

それはラストのお楽しみに。


サンタが家に入って来た瞬間、

鼠の群れに嫌悪感を示すのが伏線になっているので、

意外性があります。


入院中のお母さんに代わって、

猫のおかみさんと、家の中の様子を知り尽くしているネズミ達の手で、

クリスマスの飾りつけが行われ、

オーブンに焼き菓子が焼かれ、

暖炉の火さえ消えた、沈みきった家の中は一変します。


ついにサンタクロースまで現れて・・・


火の消えた暖炉の前で毎晩眠る猫のおかみさんへのプレゼントは、

豪華な紅いフチ飾りの付いたネックウォーマー。

・・・・これ綺麗でしたが、

猫、よろこんだでしょうか・・・

深夜に、森へ飾りつけ用の木の枝を取りに行って

猫がんばったんですが・・・



別窓 | クリスマスの物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<水底の棺 中川なをみ | 晴れのち猫 | クリスマスのきせき 高畠那生>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。