スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

よくぞごぶじで ルドウィッヒ ベーメルマンス

yokuzogobuzide
ルドウィッヒ ベーメルマンス 著
Ludwig Bemelmans 原著
江國 香織 訳
ビーヴァリー ボガート
BL出版刊


そのむかし、アメリカやヨーロッパ各地で行われていたきつね狩りは、

当時の人々の楽しみのひとつでした。


朝、ラッパの音と共に、犬を連れ馬に乗った大勢の人が集まり、

匂いを頼りにきつねを追って、

年に1度、夕暮れまで野山を駆け回るのです。


でも、ここに出てくる古ギツネは、

毎年、ただ、追いかけられていたわけではありませんでした…。


古キツネは、奥さんや子供たちを愛していましたから・・・


川で足を洗い、香草の臭いを消し、

今年も無事に、森の奥の自宅へと帰り着きました。


キツネのご主人は、家族の温かい出迎えを受け、

あたたかい飲み物を奥さんからすすめられるのですが、

飲み物の入っているカップが素敵です。

キツネ狩りをしている貴族の家にある食器よりも、はるかに立派です。


これで来年まで、一安心するキツネの家族が

微笑ましく描かれています。



ベーメルマンスは、人間ときつねの両方の立場から、

温かなユーモアをこめて描いています。

約50年前にアメリカで出版された絵本。

著者のベーメルマンス・ルドウィッヒは、

1898年にオーストリアで生まれました。


16歳でアメリカに渡り、

ホテルで働きながら絵を学んだのです。


1939年に『げんきなマドレーヌ』(福音館書店)を出版したのをはじめ、

次々とマドレーヌシリーズを発表し、

子どもから大人にまで親しまれています。


『マドレーヌといぬ』(福音館書店)では、コールデコット賞を受賞。

1962年没。

別窓 | 森の仲間の物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ピートのスケートレース ルイーズ・ボーデン | 晴れのち猫 | カプリの王さま ジャネット・ウィンターソン>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。