スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

絵本 ゾマーさんのこと

zoma-sannnokoto6094

パトリック・ジュースキント
ジャン=ジャック・サンペ
池内紀訳
文芸春秋刊



  どこへ行くのだろう?
  黙って、いつも、ゾマーさんは歩いている。

           『ゾマーさんのこと』より


『ほっといてもらいましょう!』
そう言いながら、ゾマーさんは、歩き続ける・・・。


ペンキ屋の地下室に、
引っ越して来たゾマーさん夫妻・・・。

ゾマー夫人は、
一日中、人形を作り続ける・・・。

月に一度、郵便局へ行き、
買い物をして戻る以外は、
ずうっと、人形を作ってる・・・。

ゾマーさんは、帽子をかぶり
クルミの杖を持って、リュックサックを背負い
ただひたすら、歩き続ける。

嵐の日も、雪の日も、
野を越え森をぬけ・・・村中を歩き回る。

ピアノの先生の(僕の遅刻に対する)
執拗な叱責に、嫌気がさした少年は
大木から、投身自殺をはかりますが・・・。

飛び降りようとした、ちょうど、その時、
大木の真下をゾマーさんが通りがかります。

閉所恐怖症のために、
家に居られなくなってしまったゾマーさんが、
死の恐怖におびえ、
「目の見えない何者か」から、
逃げる様に歩き続ける様子を
目の当たりにしてしまった少年は、
自殺を踏みとどまります。

その5年後、12歳になった少年は、
ある晩、湖畔で、
ゾマーさんを見かけたのですが・・・。





僕が、まだ、木登りが得意な
7歳の少年だった頃の追憶が、
少年の口を通して語られます。

ムーミン谷を、想わせるイラストに
つい、見入ってしまいました。

ひかえめで優しい少年の、思春期の
揺れ動く心がうまく表現されています。

ゾマーさんという、ナゾの人物や、
僕の初恋・青春が、
生き生きと描かれています。


別窓 | その他の絵本・童話 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<絵本 Little Tern リトル・ターン | 晴れのち猫 | 聞き書き 尾上九朗右衛門 アメリカに移住した梨園の御曹司>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。