スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

≪美人粥≫

bizinngayu75-75

小林カツ代著
文化出版局 

もう、1月です。

1月といえば、大変、お寒うございます。
あったかヘルシー「お粥」など、いかがでしょうか。

『お粥は、作る人も
      食べる人も美人にします』(本文より)

・・・お粥もさながら、、小鉢が素敵。

レストラン「KATSUYO GREENS」の
スープ粥の本でした。

著者は、エッセイストでもあります。

「鯛のさしみのスープ粥」
taigayu120-90

   


「ピータン粥」
pi-tanngayu120-90

   


「気分は七草粥」
nanakusagayu120-90

   


「あずき粥」
azukigayu120-90

グラニュー糖をまぶして、溶けないうちに
シャリシャリ感を楽しみます。

   


「あわび粥」ん?
awabigayu120-90
  
   

・・・・・。
『たまには、ねっ』と言われましても、小林先生。
「あわび粥」は、庶民の私には・・・。

むきイカで代用します(笑)

食感は、1㎝厚さの縦切りエリンギで(笑)

素材が豊富なので、冷蔵庫の残り物
でも、できそうなのがうれしい。

蕎麦の実があるので、炒って、蕎麦茶粥を
作ろうかな。

五穀米の残りで、五穀粥にしようかな。
別窓 | 和菓子 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<睡蓮が散る時 | 晴れのち猫 | 魔女の血をひく娘1・2>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。