スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

スイミー

suimi-

レオ・レオニ 著
谷川 俊太郎 訳
好学社 刊

ちいさな赤い魚の兄弟たちのなかで、

1匹だけ真っ黒の魚の「スイミー」

大きなマグロがやって来て、
兄弟の魚たちを、みんな飲み込んでしまいます。

群れの中で、一番泳ぐのが速いスイミーは、ひとりぼっちに・・・・。

天涯孤独の身には、なりましたが、
ブルドーザーのような海老、
イソギンチャクやクラゲ等、様々な海洋生物がいます。

そんな中で、出会った、スイミーにそっくりな
小さな赤い魚たちに「遊ぼう」って誘っても
「大きな魚に食べられるから」と岩陰から出て来ません。

スイミーは考えて・・・皆で大きな魚の
ふりをして泳ごうと、みんなを誘います。

赤い魚たちの中で、スイミーは目になって、
みんなで、力を合わせ大きな魚を追い出しました。


自分と同じ魚に出会ってうれしそうに泳ぐ姿が、印象的でした。

イラストも特徴的ですよ。
別窓 | レオ・レオニ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<不幸な子供 エドワード・ゴーリー著 | 晴れのち猫 | ローズとアイリス >>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。