スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

宿恋 ~銀の森の鬼~ ①

syukurenn

白井幸子作
秋田書店刊



銀の森の鬼

宿恋 ~銀の森の鬼~ 第1章
宿恋 ~銀の森の鬼~ 第2章
宿恋 ~銀の森の鬼~ 第3章

峠の女盗賊・山吹の許婚 捨左は、
仲間を裏切って、財宝を持ち脱げした上、
盗賊の隠れ家を役人に通報し、
仲間は散りぢりに・・・。

瀕死の重傷を負った山吹は、
結界に守られた銀の森に迷い込む。

その時、笛の音が響き、人の気配が・・・。

気配の主は、自らの屋敷に連れ帰り手当てを施す。

目を覚ました山吹の前に現れた、
命の恩人とは・・・
『銀の森の鬼の墓標の墓守』シロガネだった。

シロガネは、鬼だった母上と
人との間に生まれた半妖でしたが、
やがて、夫に捨てられた母上は、
悲嘆にくれ、絶望のあまり「銀の墓標」と、
化してしまっていました。

人に心を奪われた鬼は、
身体が銀化して「銀の像」になるのです。

強く惹かれあう、シロガネと山吹だったが、
鬼の銀を狙って現れた捨左の手で、
山吹は斬られ、命を落としてしまう・・・。

シロガネは、その後、数百年の間、
山吹の肉体が、塵に変わるまで、
その場に立ち尽くしていた・・・・。

永い眠りから覚醒したシロガネの前は、
雅楽の家に育った娘 弓張(ゆばる)と出会う。

弓張こそ山吹の生まれ変わりであると、
直感したシロガネは、弓張に接近するが、
弓張には、鉱石学者を目指している
「満」という恋人がいた。

満と弓張は、銀でできた
ペンダントトップをペアで持っていたが、
この銀こそシロガネの母上の、
銀化した身体の一部だったのだ。

鬼の銀は、長時間、人の肌に触れると、
人体と同化し、やがて、その人間までも、
銀化させてしまう、恐ろしい物質だった。

「母上の銀」は、ホームレスの源さんから、
満が譲られたものでした。

ある夜、源さんがいつものように、
廃工場で寝ていると、
重傷を負った血まみれの美女が現れ、
しばらく、うずくまった後、去って行ったという・・・。

その美女が流した血は、
銀に変化して床に落ちていたというのだ。

この美女こそ、甦ったシロガネの母上でした。

母上は、身体の銀化を抑制するために、
人間の生気を吸っていたのです。

すでに、大勢の人々が犠牲になっていましたが、
弓張にも、母上の魔の手が迫ります。

シロガネには目もくれず、
生気を求めて彷徨う
母上の姿を見たシロガネは・・・。



しろがねが、御簾の奥から登場するシーンは、
ちょっと、犬夜叉に出てくる奈落を連想しますね。

オープニングで、いきなり
鬼の正体がわかってしまうところは意外でした。

前半は美しい物語ですが、
後半から、急にホラーっぽくなってきます。
別窓 | 漫画 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<トスカーナの祈り イタリア、光と風の旅(葉祥明画集) | 晴れのち猫 | 紫の履歴書 >>

この記事のコメント

はじめまして
初めまして♪
すいません!!!!
メールをチェックしてなくって、さっき初めて気がつきました。
10日も・・・本当にゴメンナサイ!!!
(メールが返信できなかったので、こちらに失礼します)
私も本は読む方なんですが、知らない本が多くって
ワクワクしてます。
後ほどゆっくり拝見させていただきますねー。
相互リンクの件、ありがとうございました。
リンクさせていただきました。
これからも宜しくお願いいたします♪
2008-03-16 Sun 22:32 | URL | meshi #szTeXD76[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。