スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

おぞましいりゅう デイヴィッド・ウィーズナー

ozomasiiryuu

デイヴィッド・ウィーズナー絵 
デイヴィッド・ウィーズナー再話
キム・カーン再話 
江国香織 訳
BL出版 刊


イギリスの民話をもとに描かれました。

実母の死後も、長い間、マーガレット姫は
優しい父王と兄であるリチャード王子に囲まれ、
お城で、幸福に暮らしておりました。

ある日、父王は城へ戻る際、
一緒に連れ帰った美女を、
魔女だとも知らず、妃に迎えてしまいます・・・

最愛の兄の、リチャード王子が、
外国へ留学してしまっていて、
孤独な日々を過ごすマーガレット姫に、
継母は、呪いをかけました。

愛を恐怖に、姫をりゅうに変えたまえ。

それは永遠に続くだろう。

王の息子、リチャード王子が

この醜い獣にキスを三回与えないかぎりは


マーガレット姫は、魔女の呪いによって、
おぞましいドラゴンの姿に変えられてしまいます。

姫の部屋の天蓋付きのベッドの上に、
美しい姫の姿はなく、
緑色をした巨大なドラゴンがとぐろを巻いていたのですから、
お城の中は大騒ぎになりました。

王命により、城を追われたドラゴン(=マーガレット)は、
岩山で暮らす日々。

帰国した兄、リチャードは、
ドラゴンをおとなしくさせるために、
乳牛を数頭用意して、
毎日、ドラゴンにミルクを与えました。

ドラゴンは落ち着きを取り戻し、
龍の心臓の中からは、
あの懐かしいマーガレットの声が響きました。

マーガレットの指示で、
兄、リチャードは、姫にかけられた呪いを解き、
姫は元の姿に戻ることができました。

一方、継母は蛙の姿に戻って、
お城の庭で、いつまでも、
ケロケロと鳴いていたという事です。


著者は、1992年に『かようびのよる』(徳間書店)で、
2002年に『3びきのぶたたち』(BL出版)で、
コールデコット賞を受賞した、フィラデルフィア在住の方です。

予測される展開ではありますが、楽しめましたよ。

イラストも綺麗です。

別窓 | ディヴィット・ウィーズナー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<珍妃の井戸 浅田 次郎 | 晴れのち猫 | ウェン王子とトラ  チェン・ジャンホン作・絵 >>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。