スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

神秘の短剣 ライラの冒険2

raira2

フィリップ・プルマン著
大久保寛訳
新潮社刊


ウィリアム・パリー・・・・・・神秘の短剣の守護者となる12歳の少年。グラマン博士の息子。
ライラ・シルバータン・・・・アスリエル卿の娘で、ジョーダン学寮に住む女の子
パンタライモン・・・・・・・・ライラのダイモン(守護精霊)
アスリエル卿・・・・・・・・・探検家で、ライラの父親
マリサ・コールター・・・・・未亡人 ライラの母親
チャールズ・ラトロム卿・・別名ボーリアル卿。オックスフォードの名士で、コールター夫人の愛人。
スタニスラウス・グラマン博士・・・別名ジョン・パリー。ウィリアムの父。
ロジャー・パースロー・・・ライラの親友で、ジョーダン学寮の調理場の下働き
マ・コスタ・・・・・・・・・・・・船上生活者ジプシャンで、ライラの乳母
ジョン・ファー・・・・・・・・・ジプシャンの頭領で、セラフィナ・ペカーラの命の恩人
ファーダー・コーラム・・・・ジプシャンの賢者
イオレク・パーニソン・・・・ライラを愛するパンサー・ビョルネ 
               恋敵を殺害した理由で追放されたが王位に復権。よろいグマの王子 
リー・スコーズビー・・・・・・・テキサス男 気球乗り
イオファー・ラクニソン・・・・・コールター夫人に憧れる、スバールバルのよろいグマの王
セラフィナ・ペカーラ・・・・・・・エナラ湖地区の魔女一族の女王(300歳) 外見は20代
ルタ・スカジ・・・・・・・・・・・・・・アスリエル卿の恋人だったラトビアの魔女の女王。
ランセリウス・・・・・・・・・・・・トロールサンドにある魔女の国の領事
メアリー・マローン博士・・・・・ダークマター研究者


1.ネコとシデの木

2.魔女たちのあいだで

3.子どもたちの世界

4.穿頭

5.航空便の手紙

6.光をうけて飛ぶもの

7.ロールスロイス

ウィルは、病気の母親を近所に住む、
ピアノ教室のクーパー先生に、預けました。

怪しい男達が、家の中に侵入したからです。

侵入者は、初めは、ウィルの父親について
尋ねに訪問したのですが、
今では、すっかり大胆になり・・・
留守宅に、無断で上がりこんで、
家捜しをするようになったからです。

彼らが、必死で捜しているモノとは・・・

古ぼけた緑色の皮の文具箱でした。

中には、行方不明のウィルの父親の
写真・手紙が数枚入っています。

ウィルは、父親の事を、あまり、よく知りません。

母親は、来るべき時にそなえて、
ウィルを、まるでスパイごっこをしている様に、育てました。

そのため、ウィルは、
目立たない様に行動するのがとても、得意でした。

母親を預けた翌朝、まだ日が昇らないうちに、
侵入者は、やって来ました。

2階で、眠っていたウィルは、
明け方、不審な物音で目覚め、
侵入者のひとりに向かって、体当たりをしました。

後ずさりして、飼い猫のモクシーにつまづいた男は、
階下へ落ちて、テーブルに激突・・・。

図らずも、ウィルは、侵入者の一人を、あやめてしまいます。

階段の手すりをすべり降りて、屋外へ脱出したウィルは、
異世界への『窓』を発見します。

『窓』の向う側は・・・・スペクターの充満する、
チッタガーゼという街でした。

スペクターは大人だけを、襲い、
生気を吸い取ります。

生命までは、奪いませんが、生ける屍にするのです。

子供の目には、スペクターは映りません。

大人が誰もいない不思議な街・・・・チッタガーゼで、
ウィルは、ライラ・シルバータンと出会います。

ライラは、霧の中を進むうちに、
父アスリエル卿とはぐれ、
チッタガーゼのホテルに身を潜めていました。

ウィルの焼いたオムレツに舌鼓を打った後、
ふたりは、北極で消息を絶った、
ウィルの父親の捜索を開始します。

このウィリアムの父こそ、
スタニスラウス・グラマン博士と同一人物でした。

羅針盤はライラに、
ウィルの父を捜すように、指示しましたが・・・
ライラは、これに、従いませんでした。

ダスト(=ダークマター)の研究者、
メアリー・マローン博士に会いに行ったのです。

その結果、リュックの中の、黄金の羅針盤を、
チャールズ卿(=ボーリアル卿)に盗られてしまいます。

ウィルとライラは、黄金の羅針盤を奪還すべく、
ボーリアル卿の屋敷に乗り込みますが、
狡猾なボーリアル卿は、居直りました。

黄金の羅針盤を返す条件として、
チッタガーゼにある、トーレ・デリ・アンジェリ(天使の塔)に
隠れている男が、所持している
『神秘の短剣』を持ち帰るように、ふたりに迫ります。

その時は、まだ・・・・
スタニスラウス・グラマン博士は、生存していました。

もともと、グラマン博士は、
ライラの生まれた世界の人では、ありませんでした。

ウィルの世界から、来たのです。

グラマン博士こそが、ウィリアム・パリーの父親
ジョン・パリーだったのです。

グラマン博士は、一時期、エニセイ川の支流のほとりの、
エニセイ・パクタール族のシャーマンになっていました。

頭に穿頭を施したのは、そのためです。

「ジョパリ」と名乗っていたそうです。

ウィルは、父の死を乗り越え、
手指を2本失いながらも、
神秘の短剣の守護者となりました。



映画化決定した「ライラの冒険 黄金の羅針盤」の続編です。

ひとりの人物が、ふたつの顔を持ち、
異世界へ通じる窓を使って、行き来しています。

マリサ・コールターは魔女では、ないのでしょうか。

もし、そうなら、どの魔女が母親なのか、気になりますね。
別窓 | フィリップ・プルマン | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<初雪のふる日 安房 直子 | 晴れのち猫 | ふしぎなおきゃく>>

この記事のコメント

三作品目が楽しみ!
2011-08-28 Sun 16:06 | URL | ブタウサギ #CAjBovnA[ 内容変更]
Re: !
ブタウサギさん、こんばんは
お返事が誠に遅くなり申し訳ありません。
私も、楽しみに読ませて戴いた作品です。
映画化させたのですが、オンエアを見逃してばかりで、まだ・・・見れてないです。

2011-10-25 Tue 21:16 | URL | 店長.. #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。