スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

琥珀の望遠鏡 上  ライラの冒険 完結編

hohaku1

フィリップ・プルマン著
大久保寛訳
新潮社刊


ウィリアム・パリー・・・・・・神秘の短剣の守護者。グラマン博士の13歳の息子。
ライラ・シルバータン・・・・アスリエル卿の娘で、12歳の女の子
パンタライモン・・・・・・・・ライラのダイモン(守護精霊)
アスリエル卿・・・・・・・・・探検家で、ライラの父親
マリサ・コールター・・・・・未亡人 ライラの母親
マ・コスタ・・・・・・・・・・・・船上生活者ジプシャンで、ライラの乳母
ジョン・ファー・・・・・・・・・ジプシャンの頭領で、セラフィナ・ペカーラの命の恩人
ファーダー・コーラム・・・・ジプシャンの賢者
イオレク・パーニソン・・・・ライラを愛するパンサー・ビョルネ 
               恋敵を殺害した理由で追放されたが王位に復権。よろいグマの王子。 
リー・スコーズビー・・・・・テキサス男 気球乗り
セラフィナ・ペカーラ・・・・・エナラ湖地区の魔女一族の女王(300歳) 外見は20代。
ルタ・スカジ・・・・・・・・・・・アスリエル卿の恋人だったラトビアの魔女の女王。
ランセリウス・・・・・・・・・トロールサンドにある魔女の国の領事
メアリー・マローン・・・・・ダークマター研究者・易者。元修道女。
バルサモス・・・・・・・・・・天使。バルクの恋人。
バルク・・・・・・・・・・・・・・天使。メタトロンの兄弟。
メタトロン・・・・・・・・・・・・天使。 4000年前に『オーソリティー』の摂政となる。
ルイ・ゴメス・・・・・・・・・・規律監督法院の神父。ライラ・メアリーへの刺客となる。
アタル・・・・・・・・・・・・・ライラの親友。ミュレファ。
ローク卿・・・・・・・・・・・・青いタカに乗ったガリベスピアン。アスリエル卿の偵察隊長。
レディ・サルマキア・・・・トンボに乗ったガリベスピアン。アスリエル卿のスパイ。
シュバリエ・ティアリス・・優秀なガリベスピアン。レディ・サルマキアと共に、ライラを護衛する。
オーソリティー・・・・・・・・クラウデッドマウンテンに住む最高齢の神様。
ガリベスピアン・・・・・・・トンボを育成する身長20cmの種族。9歳までしか生きられず、死は突然訪れる。

1.魔法をかけられて眠る者

2.バルサモスとバルク

3.腐肉をくらう者

4.アーマとコウモリ

5.堅固な塔

6.事前赦免

7.メアリーはただひとり

8.ウォッカ

9.川上へ

10.車輪

11.トンボ

12.突破

13.ティアリスとサルマキア

14.それが何かを知れ

15.鍛冶場

16.意思機

17.油とウルシ

18.死者の町

19.ライラとその死

ライラは、マリサ・コールターにハーブティーを飲まされ、
母親の傍らで、眠り続けてていました。

ライラ達がいるエベレストの洞窟へは、アーマという少女が、
村から食料を運んで来る意外は、誰も訪れません。

村人は、マリサを神聖視して崇めています。

ウィルは、バルサモスとバルクという
天使と一緒にいました。

バルサモスとバルクは、
親友であり、恋人同士でした。

バルサモスとバルクに助けられながら、
ウィルは、摂政様と呼ばれる天使メタトロンから、
逃れなくてはなりません。

北極の氷が解け始めたため、南極を目指し、
南下を余儀なくされたイオレク・バーニソン王の前に、
セラフィナ・ペカーラが現れ、クマの親友、
気球乗りのリー・スコーズ・ビーの戦死を伝えた。

よろいグマの王は、悲しみにくれ、
旧友リー・スコーズビーの遺体を食し、
肉片に、花を供えて、復讐を誓う。

よろいグマの群れは、氷の解け始めた北極を捨て、
一年中、氷があるエベレストを目指し、船で移動を開始します。。

ウィルは、燃料の補給に困っていた
イオレク・バーニソンを偶然助け、
ふたりで、ライラのいる山の洞窟へと向かう。

恋人バルクの死に、哀しむバルサモスは、
ふてくされながらも、ウィルのダイモンに化けて、
偵察を続行する。

ウィルは、ライラを奪還するため、洞窟へ向かい、
コールター夫人に再会する。

美しくも妖しげなマリサ・コールターの魔力で、
魅せられていくウィル・・・。

そんなウィルを、
イオレクもバルサモスも警戒し始めていた。

マリサ・コールターに心を乱されたウィルは、
短剣を正確に扱えなくなり、短剣は折れてしまう。

シュバリエ・ティアリスとレディ・サルマキアの協力で、
ライラを奪還したウィルは、イオレクに逢う。

7つの破片と化した、短剣は、
イオレクの手で、元通りの姿に戻る。

混乱の中、アスリエル卿に囚われたマリサ・コールターは、
アスリエル卿の要塞で、飛行艇『意思機』の飛行実験に立ちあう。

アスリエルを騙し『意思機』を奪ったマリサ・コールターは、
ローク卿と共に規律監督法院へと向かう。

その頃、メアリー・マローン博士も、『窓』を通り抜け、
ミュレファの暮らす楽園のような世界へとたどり着いていた。。

チッタガーゼがある世界にいたゴメス神父も、また、
メアリーが通った『窓』を、見つけたいた。

規律監督法院が、誘惑者(アダムとイヴを誘惑したヘビ)
と呼ぶメアリーにも、危険が、迫っていた。






ダークマター研究者であるメアリー・マローン博士が、
元修道女で、中国で易経を学んだ経験があり、
易者でもあるという設定だけは、ちょっと、無理があるような・・・。

荒唐無稽な物語ですが、ストーリーは無理なく、
滑らかに展開していきます。

やや、場面の切り替えが多いのと、
登場人物の意図が明確でないので、
ライラシリーズの中では、1番、読みづらいでしょうね。

ウィル・アスリエル・オヴンヴェ王からメタトロンまで、
凋落させるマリサ・コールターの魅力には脱帽です。

「黄金の羅針盤」より、そっちの方が、スゴクないですか。
別窓 | フィリップ・プルマン | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<琥珀の望遠鏡 下 ライラの冒険 完結編 | 晴れのち猫 | 珍妃の井戸 浅田 次郎>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 晴れのち猫 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。