スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

おかあさんとわるいきつねイチンノロブ・ガンバートル

okaasanntowaruikitune
イチンノロブ・ガンバートル 著
バーサンスレン・ボロルマー イラスト
つだのりこ 訳
福音館書店刊


モンゴルの北方のオルツには、

人間の赤ちゃんをねらう、キツネがいます。


お母さんは、赤ちゃんの顔に墨を塗ってウサギのふりをさせたり、

トナカイの毛皮の服を着せてトナカイのふりをさせたりして、

赤ちゃんを守ろうとしますが、

トナカイの乳搾りから帰宅すると、

やっぱり、ゲルの入り口や揺りカゴの回りには、

キツネの毛が落ちているのです。


でも、ある日、

とうとう、キツネは、揺りかごの中で眠る赤ちゃんをさらっていってしまいます。


「大トナカイよ、来ておくれ」

お母さんは、大トナカイに飛び乗って、キツネを追いかけます。


風と雪が、お母さんを襲います。

お母さんが叫んだ声が、山々にこだまして、

驚いたキツネはくわえていた赤ちゃんを放しました。


お母さんは、赤ちゃんの揺りカゴの上に、

なめした皮で作ったキツネのシルエットのモビールを飾りました。


お母さんが、トナカイの乳を搾るためにゲルを出るやいなや、

昨日のキツネがやって来ました。

「おや、もう別のキツネが来ている」

そう言うと、キツネは立ち去りました。


巻末に、帰宅したお父さんと微笑み会うお母さんの姿が描かれていて、

ほっと、心が和みます。


モンゴル人ご夫妻の作家と画家による雄大なお話です。



著者は、モンゴル文化芸術大学美術学部卒業。

2004年、第14回野間国際絵本原画コンクールで奨励賞。

大学時代の同級生でもある妻のボロルマーと共同で絵本を制作。

現在、文教大学の留学生として絵本の創作中。

埼玉県在住です。
別窓 | 森の仲間の物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ゆめくい小人 ミヒャエル・エンデ著

kobito

ミヒャエル・エンデ著
佐藤 真理子訳
アンネゲルト・フックスフーバー絵
偕成社刊



眠りの王国の、不眠症のお姫様の物語です。


ここは、眠りの王国です。

眠りの国の人々は、誰もが、眠る事が上手です。

よく眠る事を、皆で、褒め称えあうのです。

この王国で一番よく眠るのは、
もちろん国王夫妻です。

だって、眠りの国の王様ですもの・・・。

ところが、ひとり娘の王女様は
あまり眠る事が好きではありませんでした。

時々、コワ~イ夢を見るからです。

王女の悪夢を治せる者を、求めて、
王様は、国中におふれを出しましたが、
誰も名乗り出ませんでした。

もう、自分で探すしかないと、
王様は、お城を出る決心をします。

ひとりで、世界中を旅して、
悪夢を見ない方法を捜そうというのです。

王妃は、喜んで王様を送り出しましたが・・・

エスキモーのいる国まで探し回りましたが、
王様は、とうとう、治療法を
見つける事はできませんでした。

世界の果ての荒野で、絶望し、諦めかけた王様の前に、
奇妙な生き物が現れます。

全身ハリネズミの様な、
ハリに覆われた小人でした。

小人は、とても、お腹が空いているようでしたが、
王様を見つけると、ご馳走がやって来たとばかりに、
小躍りして、喜びました。

王様のマントと靴を拝借して、ペンをとると、
すらすらと、呪文を書き始めました。

そして、地球の反対側にある王様の城まで、
魔法で送り届けてくれました。

小人は、悪夢を好んで食べる魔物だったのです。

王様が、小人にもらった呪文を唱えると、
たちまち、王女様の不眠症は、完治し、
愛らしい頬にも、赤みが戻りました。

眠りの王国の、人々は、
上手に眠る王女様を、いつまでも、褒め称えました。



『ゆめくい小人』の容姿は、
童話の中の小人のイメージとは、
随分かけ離れていて、読者に、不安を抱かせます。

かなり、グロテスクな魔物風に描かれているので、
なりゆきが心配で、目が離せませんね。

イラストは、色彩のコントラストが鮮やかで、
見なれない感じでしたが楽しめました。

ちょっとした、意外性が、
この物語の魅力かも知れませんね。
別窓 | ミヒャエル・エンデ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

うきわねこ 蜂飼 耳

ukiwaneko


蜂飼 耳 著
牧野 千穂 イラスト
ブロンズ新社 刊


ある日、おかかのおにぎりを食べている、えびおの元に、

おじいちゃんから宅急便が届きました。


それは、えびおへの誕生日プレゼント。

箱の中身は、大きな縞模様の「うきわ」でした。


えびおはプレゼントに同封された、おじいちゃんからの手紙を、

そっとポケットにしまうと、ひとり、部屋へと戻りました。


手紙には・・・

「次の満月の夜を楽しみにしていてください」

「次の満月まで、うきわはしまっておくように・・・」

・・・と、書かかれていました。


膨らませたうきわを手に、遊びに出かけたえびおでしたが、

うきわは、誰にも触れさせる事はありませんでした。


そうして、帰宅後、うきわをたたみ、大切に箱に戻すと、

満月を待ちわびるのでした。


待ちに待った満月の夜、えびおが、うきわを身につけると・・・

えびおは空へ浮き上がったのです。


夜空で、ひときわ大きいトラネコに出逢うのですが、

それは、えびおの、おじいちゃんでした。


おじいちゃんが釣った巨大な魚を、

砂浜で豪快に焼いて食べる2匹は、とても幸せそうです。


帰り道は、うきわが知っています。


ベッドに戻った、えびおのイラストで物語は終りますが、

ベッドの上の気球が、楽しかった冒険を思い出させてくれるようです。
別窓 | 猫の物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

バグダッドのモモ 山本けんぞう

bagudatttonomomo60-89

山本けんぞう著
田内万里夫イラスト
アンドリュース・プレス刊



戦場には神様なんていない…

どうしてにんげんは戦争をするのだろう?

答えは、簡単だ。

戦争が好きだからだ。


にんげんは、いつも

戦争をなくそうと言っている。


でも、いつも

戦争をしている…

             
ずっと旅をしてきた。


生まれたら、捨てられて拾われた。

それから、逃げ出して、また拾われた。

そんな事を、繰りかえしていたら、味気なくていやになった。

あとは、ずっと、のら人生だ。

                      「バグダッドのモモ」より



世界中を旅した、ふさふさ毛の黒猫(♀)

自称(笑)さすらいのギャンブラー『バグダッドのモモ』(=黒猫)の目を通して

戦争の悲惨さが、余す所なく、描かれています。


黒猫の『モモ』が、市場で偶然出会った女の子「もも」と

その弟「びびちゃん」一家の、その後の運命・・・。


「もも」には、サッカー選手の兄と

歌のコンクールで優勝した「びびちゃん」、優しい父親・・・。

トマトを栽培している母親・・・。

恋人の「たるびのくん」

姉さん夫婦にも「ぽろみちゃん」という赤ちゃんがいました。

あの日、戦争がはじまるまでは・・・。




読了後は、心が折れました・・・。


何も知らされないまま

民間人を巻き込んだ戦争で、

市民の中からゲリラが生じ、

そのせいで、一般の市民が

戦闘の巻き添えになってしまう・・・。


家族や恋人・・・守りたい人がいても、

どうする事も出来ない・・・。


ゲリラというのは、志願した人だけがなるものだと

思っていたので、誰かに強制されてるという記述には

驚きをかくせませんでした。


著者は、東大法学部卒、NHK国際部記者です。

テヘラン特派員・プノンペン特派員をなさった後

2003年に、本書の初版が刊行されました。


簡潔ですが、良く考えられた上で

的確な表現で書かれています。


ページの右下に、小さな「バグダッドの黒猫モモ」の

モノトーンのシルエットがあります。

パラパラ漫画?でしょうか。


無機質なページが続く中で、

真っ赤なトマトのイラストだけが、

生命の象徴のように鮮やかで

なんだか、痛々しく感じました。


テンポも良くて、漢字少なめ、読みやすい149ページ。

シンプルなイラストも、とても好感が持てました。

図書館に「あるといいな」と思える魅力のある本です。


ただ、内容は「陽」か「陰」かでいうと「陰」ですね。

地域猫を、愛してやまない方には、

おつらい部分もあります・・・。

幼いお子様や、神経の繊細な方には、

個人的には、あまりおすすめしたくないですね。

別窓 | 猫の物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

みにくいフジツボのフジ子 山西ゲンイチ

minikuihuzitubonohuziko
山西 ゲンイチ 著

兄弟のフジツボたちと、なんだか体の色が違うフジツボのフジコ。


ある日、フジコは大好きなママに、突然

「あなたはわたしのほんとうの子ではないの」と告げられます。

「じゃあ、ほんとうのママは、どこにいるの?」


「それはわたしにもわからないの。

だってあなた、きがついたらいたんだもの・・・」

って、あんまりな言葉ですが、そこはフジコ。

さすがにサッパリしたもので・・・


通りがかったネコのトムと一緒に、

本当のママをさがして旅に出ました 

富士山でもなし、

○○○でもなし???


・・・フジコのルーツは。


巻末に、実物大の紙製フジコが付いています。


世界初のフジツボの物語絵本です。
別窓 | 森の仲間の物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

りゅうのめのなみだ浜田廣介いわさきちひろ

ryuunomenonamida

浜田 廣介著
いわさきちひろ イラスト

心やさしい少年と、山に棲む孤独な龍の心の交流を描いた絵本。


少年の誕生日に、家に招待された龍は・・・。
別窓 | ドラゴンの物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

かいじゅうたちのいるところ モーリス・センダック

kaijuutatinoirutokoro

モーリス・センダック著
じんぐう てるお訳
富山房

主人公のマックスは、オオカミの着ぐるみを着て、いたずらし放題。

母親に、叱られ夕食ぬきに・・・


閉じ込められた寝室でマックスの見たものとは・・・


マックスの部屋には、木が生え始め、

あっという間にジャングルに。


・・・もうこの時点で、夢オチだな・・・と判るのですが、

それでも楽しい本です。


海も押し寄せて来ました。

・・・映画化されてるので、ここのところCGで見たいですねぇ。


船に乗ったマックスは1週間・・・1ヶ月と長い航海の末、

「かいじゅう」達の棲む無人島へ、たどり着き、

かいじゅうの王さまになるのですが・・・

温厚で優しかったかいじゅう達が、

マックスが帰りたいと言った途端、

マックスの事が食べちゃいたい位好きだと叫び始め追って来ます。


マックスは島を脱出し、

船で長い公開を経て自分の部屋にたどり着くと、

そこには・・・まだ温かい夕食がテーブルーに届けられていました。



何でも映画化されると

名作になってしまうのには抵抗ありますよね・・・と言いたい所ですが、

なんと・・・

全米で10月16日から公開される中、日本でも、

こども店長こと、加藤清史郎君が日本語吹き替え判で、

マックス役に決まったので、ヒットするんでは・・・



ハッピーエンドですが「かいじゅう」のキャラクターが、

どうしても「なまはげ」に見えてしまうのが、ちょっと残念。




別窓 | ドラゴンの物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

魔法の夜 ドミニク・マルシャン

mafo-noyoru

ドミニク・マルシャン著
アルブレヒト・リスラー イラスト
木本 栄 訳
講談社 刊



粉雪が舞う、クリスマスの夜。

どの家にもあたたかい灯りが灯され、
通りを歩いている人はみな、家路を急いでいます。

雪の中を、ふとりぼっちで、歩いている老人がいました。

その後を追うようについて行くのは、一匹の小さな白い犬。

老人は犬に気づきましたが、
吹雪は次第に激しさを増してゆきます。

とうとう、たまりかねた老人は、
荒れ果てた小屋に入る事にしました。

小さな白い犬と老人は、パンを分け合いながら、
クリスマスにふさわしく、キャンドルをともして、過ごしました。

やがて、キャンドルの明かりが尽きると、
小さな白い犬に、物語を語って聞かせるのでした。

小さな白い犬は、黙って物語に聞き耳をたてていましたが・・・

老人に向かって、言いました。

実は・・・自分は、魔法使いなので、
魔法で何か願い事を、ひとつ叶えてあげられるのだと。

老人は、即答します。

長い間、小さい犬の友人が、ずっと欲しかったのだと・・・。

魔法使いは、長い間、考え込んでいましたが、
首にかけていた、輝く石を、外し、
老人の傍らに、静かに横たわりました。

魔法の力を永遠に失い、
ただの「犬」になる道を選択したのでした。

ふたりは、それから、片時も離れず、ずっと一緒でした。



歌に登場するリトンという人物は、
かつて、犬のショピンをつれて南フランスを放浪し、
寒い夜にマルシャンのもとに身を寄せたことがあったといいます。

37歳の若さで他界したフランスの歌手ドミニク・マルシャンが、
20歳の時に作った歌を、絵本化した作品です。

イラストは、アルブレヒト・リスラーの、
淡いやさしげな色鉛筆画。

私が、一番好きな絵です。

翻訳はロンドンに生まれで、ベルリン在住の、
木本栄氏です。

グリムス:砂漠化
別窓 | クリスマスの物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ねむい

     nemui

別窓 | 猫まんが | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

レトロ

   retoro

ちょっとレトロな灯りで・・・
別窓 | 猫まんが | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

水底の棺 中川なをみ

minasokonohitugi
中川なをみ著
村上豊イラスト
くもん出版刊


平家が、都を追われようとする時代。

大阪なんば駅から高野口までの中間に実在する、

狭山池の改修工事にまつわるフィクション。


最近の改修の際、狭山池の湖底から重源による改修の事跡を刻んだ石碑が発見されたそうです。


河内の狭山で、素焼き(陶器)職人の息子として生まれた焼太(通称 小松)の

8歳から30歳までの成長物語です。


登場人物は、ワラ製品を売りに京へ上ったまま行方不明の父、

幼馴染で後に妻となる、隣の娘ゆう、

宋から来た留学生で、小松の親友となる恵海。

東大寺の高僧 重源と、その弟子 蓮空。


人買いに見放された小松が、

古刹の塔の前で、あっさり実父サスケに再会してから、 

ゆうを看取り、重源とともに狭山池の復旧を目指すまでを描く。
別窓 | フィクション | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

クリスマスのちいさなおくりもの アリスン・アントリー

kurisumasunotiisanaokurimono


アリスン・アントリー著
福音館書店刊

クリスマスの小さな贈り物とは・・・

サンタが、

鼠が脱いだモヘアの靴下に入れたダイアモンドだったのですが、

それはラストのお楽しみに。


サンタが家に入って来た瞬間、

鼠の群れに嫌悪感を示すのが伏線になっているので、

意外性があります。


入院中のお母さんに代わって、

猫のおかみさんと、家の中の様子を知り尽くしているネズミ達の手で、

クリスマスの飾りつけが行われ、

オーブンに焼き菓子が焼かれ、

暖炉の火さえ消えた、沈みきった家の中は一変します。


ついにサンタクロースまで現れて・・・


火の消えた暖炉の前で毎晩眠る猫のおかみさんへのプレゼントは、

豪華な紅いフチ飾りの付いたネックウォーマー。

・・・・これ綺麗でしたが、

猫、よろこんだでしょうか・・・

深夜に、森へ飾りつけ用の木の枝を取りに行って

猫がんばったんですが・・・



別窓 | クリスマスの物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

クリスマスのきせき 高畠那生

kurisumasunokiseki

高畠那生著

雪ダルマとペンギンが、いっぱいの陽気な物語。

ラストに奇跡が待っています。
別窓 | クリスマスの物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ごろごろにゃーん

gorogoronya-nn

ロケットはゴロゴロと飛んでいきます。

乗客は、全員、猫。


繰り返されるフレーズは、「ごろごろ にゃーん」だけです。
別窓 | 猫の物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

黒ねこのおきゃくさま ルース・エインズワース

kuronekonookyakusama


ルース・エインズワース著
福音館書店刊

冬の嵐の土曜の晩、

森のはずれに住むひとり暮らしのおじいさんの家を、

一匹の黒猫が訪れました。


おじいさんにとって土曜は大切な日でした。

肉とパン、ミルクもちょっぴり飲む特別な夜だったのです。


やせ細り、びしょぬれになってふるえている黒猫を

哀れに思ったおじいさんは、

黒猫に、うながされるままに、

わずかばかりのミルクとパンを全て与え、

さらにはとっておきの羊の肉までやってしまいます。


わずかに残った薪も暖炉にくべて、

黒猫を乾かしてあげるのでした。


翌朝、突然、人語でしゃべり出した黒猫は、

こう言い残すと、森へと姿を消しました。


「おじいさん、どうしてわたしをおいだしてしまわなかったのですか」と・・・



そして、奇跡は起こったのでした……。


その後、おじいさんの羊肉・パンは、

食べてもなくなることはなく、

ミルクは、永遠にミルク壷を満たし、

薪は、どんなにくべても、つきることはありませんでした。



『こすずめのぼうけん』などの作品で知られるエインズワースが、

BBCラジオ放送の子ども向け番組のために書いた物語です。


全ページカラーの絵は美しいです。



私が生まれる以前から、家に平凡な黒猫がいたので、

黒猫の毛色に特別な意味があると思った事は、ありませんが、

キッチンンの戸棚にツメを立てる、びしょぬれの黒猫の姿は、

なんとも恐ろしげに描かれています。

グリムス:ゴミ分別



別窓 | クリスマスの物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

急行「北極号」 クリス・ヴァン・オールズバーグ

kyuukouhottkyokugou

クリス・ヴァン・オールズバーグ 著
Chris Van Allsburg 原著
村上 春樹 翻訳
あすなろ書房刊


クリスマスイブの夜、

眠らずにサンタクロースを待っていたひとりの少年の家の前に、

世界中の子供たちを載せた北極行きの急行電車「北極号」が停車します。


終点の「北極点」はサンタクロースやトナカイがいる、幻想的な世界でした。

(ここでの北極点は、繁栄する大都市として描かれていてライラの冒険とは対照的です)


サンタのソリをひいているトナカイの首輪の鈴を、

サンタクロース自ら外してクリスマスプレゼントとして手渡しされます。

トナカイの鈴の音が彼の心に響きます。


最後は、夢オチなのですが・・・設定がいいので余韻は楽しめます。


彫刻家でもあるオールズバーグは、

本書『The Polar Express』(邦題『急行「北極号」』)で

1986年のコルデコット賞を受賞『The Polar Express』しました。

村上春樹翻訳の絵本は初めてでした。
別窓 | クリスマスの物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

マボロシの鳥 太田光

maborosinotori

太田光著
新潮社刊


短編集。

劇場のオーナーが、魔人チカブー(魔術師)との約束を破って、

天窓を開けたせいで、

「マボロシの鳥」は、チカブーの元を去り別の次元へ飛び去ってしまうが・・・

数十年後、チカブーの暮らす街に「絵」として戻って来るという物語。
別窓 | 鳥の物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

柚子シフォン

冷蔵庫にあった花ユズで、暮れに柚子シフォンを作りました。

      yuzusifonn

花ユズ1個分の果汁のみで作りました。

グリムス:植林・植樹

膨らむのは、いいんですが・・・ユズの香りは、しませんでした。

別窓 | シフォンケーキ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ダヤンのアベコベアの月 池田あきこ

dayannnoabekobeanotuki

池田あきこ著
白泉社 刊

ダヤンが入り込んだ不思議な世界「アベコベア」それは水の底にあるもうひとつの国でした。

かくれんぼの月とどこかオカシナ「アベコベア」

ダヤンが月の光に誘われやってきた世界・アベコベア。

そこはダヤンの街・タシルにそっくりなのに何かが違うあべこべの国で…。


著者は、東京生まれ。

1984年にダヤンの雑貨ブランドわちふぃーるどを始め、

1987年からダヤンの絵本を出版。

旅をイラストとエッセイでつづった

スケッチ紀行のシリーズや教科書の挿絵も手がけられるそうです。


別窓 | 猫の物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

麦味噌とシメジの「おやき」

冷蔵庫の残り物で、麦味噌のおやき作りました。

     oyaki-simezi

具は、ネギ・ニンジン・切干ダイコン・干し椎茸。

グリムス:京都議定書


麦味噌はキノコとも、良く合いそうですね。


おやきは、作りたてよりも、

冷凍してチンしたほうが、味がしみて美味しくなりますね。
別窓 | おやき | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | 晴れのち猫 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。